TOP

内田達也教授(国際政治経済学部)ゼミの学生チームが「平成27 年度熊本大学政創研公共政策コンペ」で「熊日賞」を受賞

NEWS

SCHEDULED

2015.12.18

TITLE

内田達也教授(国際政治経済学部)ゼミの学生チームが「平成27 年度熊本大学政創研公共政策コンペ」で「熊日賞」を受賞

CATEGORY

内田達也教授(国際政治経済学部)ゼミの学生チーム* の提案が、2015年10月25日(日)に開催された「平成27 年度熊本大学政創研公共政策コンペ」(主催:熊本大学政策創造研究教育センター)において、「熊日(熊本日日新聞社)賞」を受賞しました。

同コンペは、同センターが地域貢献事業の一環として、社会をよりよくすることを目的に、学生および若手公務員、経済人、市民から政策提言を募るものです。7回目を迎える今回は「チャレンジ!熊本」をテーマに募集が行われ、5名の審査員が16の応募団体の政策提言書およびプレセンテーションを評価し、「熊日賞」他6賞(市民賞、熊本大学賞、熊本県知事賞、熊本市賞、熊本商工会議所賞、審査員特別賞)が選ばれました。

内田ゼミチームの提言は「若者の政治参加で熊本を元気に!」です。
同チームは、若年層の投票率の低さに着目。選挙前に地元や国内の政治の現状と政治家に関する情報を簡潔にまとめた冊子「かたる。」を制作して各家庭に配付すること、同時に、同冊子を使いながら進行される住民参加型のテレビのクイズ番組「かたるTV」を制作・放映することを提案しました。熊本弁の「かたる」には参加するという意味があります。同チームは、この施策が若年層の政治への関心と参加意欲を高め、投票率をあげることを企画実施時の効果予測も含めて提言しました。

なお、同チームの政策提言は「平成27年度 熊本大学政策研究第7号」(2016年3月発刊)に掲載される予定です。

 *チームメンバー:花生遊砂さん、安藤仁美さん、長森健太さん、槙健輔さん、伊藤学さん、大西貴光さん、奥野楓さん、尾崎桃子さん、菅野美咲さん、松原美鈴さん、松本太郎さん (以上、国際政治経済学部・国際経済学科4年)