TOP

THE PAGE YOU ARE VIEWING

陸上競技部(長距離ブロック)が「秩父宮賜杯 第50回全日本大学駅伝対校選手権記念大会」で優勝!(2年ぶり、通算2回目)

NEWS

SCHEDULED

2018.11.4

TITLE

陸上競技部(長距離ブロック)が「秩父宮賜杯 第50回全日本大学駅伝対校選手権記念大会」で優勝!(2年ぶり、通算2回目)

CATEGORY

2018年11月4日(日)「秩父宮賜杯 第50回全日本大学駅伝対校選手権記念大会」が開催され、本学は5時間13分11秒の記録で、優勝を飾りました(2年ぶり、通算2回目)。

今年で50回目を迎える同大会は、大学三大駅伝(出雲駅伝、全日本大学駅伝、箱根駅伝)のひとつであり、名古屋・熱田神宮から三重・伊勢神宮までの106.8kmを全8区間でつなぐレースです。
今大会には、昨年入賞のシード校をはじめ全国8地区の選考会を勝ち抜いてきたチームなど計27チームが出場しました。

大会当日は、時折雨が降り湿度が高い天候でしたが、15度前後の落ち着いた気温の中で、選手たちは2度目の優勝、三冠(前述大学三大駅伝優勝)達成に向け、練習の成果を発揮した走りを見せてくれました。

今年からコース変更があり、1区~4区では他校と接戦の中先頭集団でタスキをつなぎ、後半戦では持前の長距離を活かした走りで、5区・6区で区間賞、7区で一気に単独トップへ進みました。その後の最終8区では好調なペースを保ったまま一度もトップを譲らず、優勝のゴールテープを切ることができました。

沿道に駆けつけて応援してくださった皆さま、テレビの前をはじめ、応援してくださった皆さまに、心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

引き続き、箱根駅伝に向けてご声援のほどよろしくお願い申し上げます。