TOP

THE PAGE YOU ARE VIEWING

中井雄貴さん(理工・博士前期1年)が、24th International Acoustic Emission SymposiumでIAES paper awardを受賞

NEWS

SCHEDULED

2018.11.20

TITLE

中井雄貴さん(理工・博士前期1年)が、24th International Acoustic Emission SymposiumでIAES paper awardを受賞

CATEGORY

中井雄貴さん(理工学研究科理工学専攻機械創造コース博士前期課程1年・長秀雄教授研究室)の研究 "Evaluation of fatigue damage process in a CFRP plate with a self-organizing map for AE waveform" が2018年11月5日(月)~9日(金)に開催された「第24回 International Acoustic Emission Symposium」(略称:IAES24)において、IAES paper awardを受賞しました。
IAESは2年ごとに開催され、Acoustic Emission*の国内外の研究者が一堂に集うシンポジウムで、同賞は本年度は全講演60件のうち3件が選出されました。中井さんの研究は炭素繊維強化型複合素材(CFRP)の破壊過程を非破壊的に評価する手法で、今後さらに使用用途の拡大が期待されるCFRPの使用中に健全性を評価するのに役立つ手法です。

 *Acoustic Emission・・・構造物や素材の健全性を非破壊的に検査する手法の一つ