TOP

陸上競技部が、日本インカレ男子5000m 銅メダル、他多くの種目で入賞

NEWS

SCHEDULED

2019.10.11

TITLE

陸上競技部が、日本インカレ男子5000m 銅メダル、他多くの種目で入賞

CATEGORY

2019年9月12日(木)~15日(日)に、天皇賜盃第88回日本学生陸上競技対校選手権大会(日本インカレ)が岐阜メモリアルセンター長良川競技場(岐阜県岐阜市)で開催されました。

陸上競技部は、男子5000mにおいて長距離ブロック吉田圭太選手(地球社会共生学部地球社会共生学科3年)が見事銅メダルを獲得しました。

また、女子100mハードルにおいて、短距離ブロックの金井まるみ選手(国際政治経済学部国際政治学科4年)が4位入賞、男子1500mにおいて谷野航平選手(法学部法学科4年)が4位入賞、女子200mにおいて宮﨑亜美香選手(社会情報学部社会情報学科3年)が6位入賞、女子三段跳において金子史絵奈(経済学部経済学科2年)選手が6位入賞を果たしました。

さらに、女子4×100mリレーでは、金井まるみ選手、宮﨑亜美香選手、佐々木梓選手(教育人間科学部教育学科3年)、伊藤有那選手(経営学部経営学科3年)のメンバーで挑み、個人種目入賞の金井選手、宮﨑選手の勢いに乗り巧みなバトンパスを展開し、見事4位入賞を果たしました。

女子4×400mリレーでは、藤井彩乃選手(教育人間科学部教育学科3年)、中尾あゆみ選手(コミュニティ人間科学部コミュニティ人間科学科1年)、宮﨑亜美香選手、奥村ユリ選手(教育人間科学部教育学科2年)が出場し、粘りの走りで6位入賞を果たしました。