TOP

短歌コンクールで文学部日本文学科学生4名の作品が入選

NEWS

SCHEDULED

2019.10.28

TITLE

短歌コンクールで文学部日本文学科学生4名の作品が入選

CATEGORY

第34回国民文化祭・にいがた2019「詩(ことば)フェスティバル~花火と良寛の地で~」(新潟県実行委員会)の短歌コンクールにおいて、文学部日本文学科4名の学生、5首が入選しました。入選した学生は、全員日置俊次教授ゼミの学生で、蒔山智郎さんは2首入選です。

新潟県のほぼ中央に位置する長岡・柏崎エリアは、僧侶で歌人として有名な「良寛」と、全国的にも人気の「越後三大花火大会」の開催地として知られています。これにちなみ「詩フェスティバル」では「良寛・花火」をテーマとして、 俳句、短歌、現代詩の作品を全国から募集し、今回は全国から5,503点の作品が集まりました。

日本文学科の日置教授ゼミでは、多くの短歌コンクールにおいて、毎年受賞者を輩出しています。

特選

  • 竹田 菜純さん(文学部日本文学科2年)

    闇に散る花火一粒だけでいい瓶に閉じ籠め眺めていたい

入選

  • 堀口 元貴さん(文学部日本文学科3年)

    湿気ってる線香花火を捨てたのは君がコートを着始めたころ

  • 蒔山 智郎さん(文学部日本文学科3年)

    都会にて汚れたわれを洗うためふるさとの打ち上げ花火を浴びる

  • 蒔山 智郎さん(文学部日本文学科3年)

    一年分のかなしみだろう花火とは大地が騒ぎさかさまに泣く

  • 新井 由美さん(文学部日本文学科3年)

    きみのよこドキドキしてるぼくの胸花火の音がごまかしてくれる

写真撮影:日置俊次教授(文学部日本文学科)

関連情報