TOP

奥田瑞希さん(法学部2年)が「令和2年度 刑事政策に関する懸賞論文」で「佳作」受賞

NEWS

POSTED

2021.02.04

TITLE

奥田瑞希さん(法学部2年)が「令和2年度 刑事政策に関する懸賞論文」で「佳作」受賞

CATEGORY

奥田瑞希さん(法学部法学科2年)の執筆した論文が、「令和2年度 刑事政策に関する懸賞論文」で「佳作」を受賞しました(論文指導:安部祥太法学部法学科助教)。

「刑事政策に関する懸賞論文」は、住みよい社会を作り上げるためには刑事政策思想の普及が特に重要であるとの観点から、一般財団法人日本刑事政策研究会と読売新聞社が大学生または大学院生を対象に毎年、刑事政策に関するテーマを決めて論文を募集しているものです。

本年度のテーマは「外国人との共生社会における刑事政策の在り方について」。外国人が日本人と同様に社会を構成する一員として日本で生活・就労していく中、言語、文化、生活習慣の違いや、情報の不平等、経済面・社会面・生活面における苦境などから、外国人が犯罪・非行の加害者・被害者となることもあり得ます。外国人との共生社会において、外国人が犯罪・非行に及ぶことや犯罪被害に遭うことを防止するとともに、罪を犯した外国人の立ち直りを支援していくなど、外国人との共生社会における刑事政策の在り方について幅広い視野に立ち、自由な発想で提案するというものです。

佳作を受賞した奥田さんの論文タイトルは「外国人留学生に対する体験型法教育制度の導入——ステレオタイプの緩和と外国人留学生の孤立防止のために」です。奥田さんは、留学生に対する体験型の法教育を通じた孤立防止と外国人に対する偏見緩和のための政策を提案しました。

本年度の同懸賞論文は、審査の結果、優秀賞1論文、佳作3論文が選出され、2021年1月28日(木)読売新聞朝刊で発表されました。