TOP

陸上競技部 第105回 日本陸上競技選手権大会「女子100m、200m 2種目入賞」、U20日本陸上競技選手権大会「男子5000m 表彰台独占」

NEWS

POSTED

2021.06.30

TITLE

陸上競技部 第105回 日本陸上競技選手権大会「女子100m、200m 2種目入賞」、U20日本陸上競技選手権大会「男子5000m 表彰台独占」

CATEGORY

2021年6月24日(木)〜27日(日)に第105回日本陸上競技選手権大会および第37回U20日本陸上競技選手権大会が、ヤンマースタジアム長居(大阪府)で開催されました。本学陸上競技部からも両大会に多くの選手が出場しました。

まず、日本陸上競技選手権大会では、男子3000m障害において小原響選手(国際政治経済学部国際経済学科2年)が5位入賞を果たしました。なお、この男子3000m障害のレースは、先頭が日本記録を更新するハイペースとなりましたが、小原選手も果敢に挑戦し、自己記録を更新する走りをみせました。女子では、石川優選手(コミュニティ人間科学部コミュニティ人間科学科1年)が1年生ながら100m、200mの2種目で入賞を果たし、国内最高峰の舞台でも強さを発揮しました。さらに、青木穂花選手(教育人間科学部教育学科2年)が、400mハードルにおいて華麗なハードリングで6位入賞を果たしました。

また、U20日本陸上競技選手権大会では、男子5000mにおいて鶴川正也選手(総合文化政策学部総合文化政策学科1年)が1位、太田蒼生選手(コミュニティ人間科学部コミュニティ人間科学科1年)が2位、野村昭夢選手(文学部史学科1年)が3位入賞を果たし、本学陸上競技部が表彰台を独占しました。

東京オリンピックの代表選考会を兼ねていたこともあり、非常にハイレベルな大会となりましたが、上記以外にも多くの種目で入賞を果たすことができました。

入賞者
<日本選手権>
男子3000m障害 5位 小原響選手(国際政治経済学部国際経済学科2年)
女子100m 6位 石川優選手(コミュニティ人間科学部コミュニティ人間科学科1年)
女子200m 6位 石川優選手
女子400mハードル 6位 青木穂花選手(教育人間科学部教育学科2年)

<U20日本選手権>
男子5000m 1位 鶴川正也選手(総合文化政策学部総合文化政策学科1年)、2位 太田蒼生選手(コミュニティ人間科学部コミュニティ人間科学科1年)、3位 野村昭夢選手(文学部史学科1年)、5位 若林宏樹選手(地球社会共生学部地球社会共生学科1年)、6位 白石光星選手(地球社会共生学部地球社会共生学科1年)
女子400m 8位 吉中日向子選手(コミュニティ人間科学部コミュニティ人間科学科2年)
女子800m 8位 水口杏選手(経営学部マーケティング学科1年)
女子100mハードル 5位 中津晴葉選手(教育人間科学部教育学科1年)

関連情報