TOP

NEWS

POSTED

2022.11.18

TITLE

陸上競技部(長距離ブロック)の太田蒼生選手(コミュニティ人間科学部2年)が「宮古サーモン・ハーフマラソン大会」で優勝

2022年11月13日(日)、岩手県宮古市で行われた第36回宮古サーモン・ハーフマラソン大会特別大会で太田蒼生選手(コミュニティ人間科学部2年)が2年連続優勝を飾りました。

2022年11月13日(日)、岩手県宮古市で行われた第36回宮古サーモン・ハーフマラソン大会特別大会で太田蒼生選手(コミュニティ人間科学部2年)が2年連続優勝を飾りました。

宮古市の津軽石川は「鮭の川」として全国的にも有名であり、11月下旬から12月初旬にかけて多くの南部鼻曲り鮭が遡上します。
卵をかかえた鮭が三陸海岸の川に帰りはじめる季節に合わせて開催される「宮古サーモン・ハーフマラソン」に、本学陸上競技部(長距離ブロック)の選手10人が招待選手の部にエントリーし、以下のような活躍を見せました。
(写真は左から第3位の鈴木竜太朗選手、第1位の太田蒼生選手、第2位の小原響選手)

<ハーフ招待選手の部>
第1位 太田蒼生選手(コミュニティ人間科学部 コミュニティ人間科学科2年)
第2位 小原響選手 (国際政治経済学部 国際経済学科3年)
第3位 鈴木竜太朗選手(コミュニティ人間科学部 コミュニティ人間科学科3年)
第4位 中倉啓敦選手(社会情報学部 社会情報学科4年)
第5位 白石光星選手(地球社会共生学部 地球社会共生学科2年) 
第6位 佐々木塁選手(国際政治経済学部 国際経済学科3年)
第7位 松並昂勢選手(経営学部 経営学科3年)
第9位 喜多村慧選手(国際政治経済学部 国際経済学科2年)
第10位 荒巻朋熙選手(コミュニティ人間科学部 コミュニティ人間科学科1年)
第11位 多田奏太選手(法学部 法学科3年)

宮古市の津軽石川は「鮭の川」として全国的にも有名であり、11月下旬から12月初旬にかけて多くの南部鼻曲り鮭が遡上します。
卵をかかえた鮭が三陸海岸の川に帰りはじめる季節に合わせて開催される「宮古サーモン・ハーフマラソン」に、本学陸上競技部(長距離ブロック)の選手10人が招待選手の部にエントリーし、以下のような活躍を見せました。
(写真は左から第3位の鈴木竜太朗選手、第1位の太田蒼生選手、第2位の小原響選手)

<ハーフ招待選手の部>
第1位 太田蒼生選手(コミュニティ人間科学部 コミュニティ人間科学科2年)
第2位 小原響選手 (国際政治経済学部 国際経済学科3年)
第3位 鈴木竜太朗選手(コミュニティ人間科学部 コミュニティ人間科学科3年)
第4位 中倉啓敦選手(社会情報学部 社会情報学科4年)
第5位 白石光星選手(地球社会共生学部 地球社会共生学科2年) 
第6位 佐々木塁選手(国際政治経済学部 国際経済学科3年)
第7位 松並昂勢選手(経営学部 経営学科3年)
第9位 喜多村慧選手(国際政治経済学部 国際経済学科2年)
第10位 荒巻朋熙選手(コミュニティ人間科学部 コミュニティ人間科学科1年)
第11位 多田奏太選手(法学部 法学科3年)