TOP

高橋達史教授 最終講義「『映画以前』~西洋絵画における「時間の暗示」の歴史~」

EVENT

SCHEDULED

2020.03.14

TITLE

高橋達史教授 最終講義「『映画以前』~西洋絵画における「時間の暗示」の歴史~」

CATEGORY

文学部比較芸術学科及び史学科で、長年教鞭を執られた西洋美術史の高橋達史教授が、2020年3月14日(土)に最終講義「『映画以前』~西洋絵画における「時間の暗示」の歴史~」を行います。

聴講は、在学時の所属学部学科問わず、本学の卒業生以外も含めどなたでも自由ですので、 校友の皆様にもぜひ多数お誘いあわせの上、ご参加ください 。

日時 2020年3月14日(土)15:00~
場所 青山キャンパス  本多記念国際会議場(17号館6階)

会場へのアクセスはこちら

キャンパスマップはこちら

参加費 無料
講義テーマ 『映画以前』 ~西洋絵画における「時間の暗示」の歴史~

 

リュミエール兄弟による映画技術の発明が1895年。それ以前の人々には、時の動きとともに事物が動くようすを再現して伝える手段は、なかったのでしょうか…?

美術、映画、演劇、音楽…。さまざまな芸術分野をともに学べる本学文学部比較芸術学科で、学科創設時から西洋美術史の講義を続けてきた高橋達史先生が、古代まで遡る美術表現の歴史を読み解いてゆきます。

お申し込み方法 予約不要。当日直接会場にお越しください。

最新情報は、以下のFacebookページ及びTwitterアカウントをご確認ください。
在校生・卒業生の方には講義後、懇親会のご用意がございます。
詳細は、下記のお問い合わせ先メールアドレスまでお問い合わせください。

関連情報