TOP

高橋達史教授退任記念講演会「『映画以前』~西洋絵画における「時間の暗示」の歴史~」《オンライン開催》

EVENT

SCHEDULED

2021.03.13

TITLE

高橋達史教授退任記念講演会「『映画以前』~西洋絵画における「時間の暗示」の歴史~」《オンライン開催》

CATEGORY

文学部比較芸術学科及び史学科で、長年教鞭を執られた西洋美術史の高橋達史教授が、2021年3月13日(土)にオンラインにて退任記念講演会を行います。

この講演会は、2020年3月14日(土)に開催する予定でしたが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で開催延期となっていたものです。依然として、流行が収束しない状況を鑑み、オンラインでの開催と決定いたしました。

聴講は、在校生、史学科時代からのゼミ生はじめ卒業生の方々に限らず、学外一般の方々含め、どなたでも聴講できます。校友の皆様にも、ぜひ広くお声がけください。
※要予約

日時 2021年3月13日(土)19:00~
場所 オンラインによる動画ライブ配信
以下リンクよりアクセスしてください。

https://20210313.peatix.com/

参加費 無料(要予約)
申し込み方法 以下リンク先のページよりお申し込みください。

https://20210313.peatix.com/

講義テーマ 『映画以前』 ~西洋絵画における「時間の暗示」の歴史~

 

リュミエール兄弟による映画技術の発明が1895年。それ以前の人々には、時の動きとともに事物が動くようすを再現して伝える手段は、なかったのでしょうか…?

美術、映画、演劇、音楽…。さまざまな芸術分野をともに学べる本学文学部比較芸術学科で、学科創設時から西洋美術史の講義を続けてきた高橋達史先生が、古代まで遡る美術表現の歴史を読み解いてゆきます。

高橋達史教授からのコメント 2020年3月31日に24年間奉職した青山学院大学を定年退職しました。
良い職場に恵まれ、特に最後の8年間は文学部に新設された比較芸術学科という理想的な環境に身を置けたことの幸運を噛みしめています。
唯一の心残りは最終講義がコロナ禍のため実施できなかったことですが、幹事の皆さんのご尽力によって、退職記念講演がオンラインで来る2021年3月13日(土)に開催される運びとなりました。
映画の発明以前の西洋絵画において時間の推移がどのように示唆されてきたかを辿る内容で、ルネサンス、バロック、新古典主義、そして19世紀後半の物語画全般をこの観点から見直すことを目指しています。
主観性の混入が避けがたく論文化は困難な主題ですが、多くの皆様にご参加いただければ嬉しい限りです。(2021年1月14日(木)更新)
その他 最新情報は、以下のFacebookページ及びTwitterアカウントよりお知らせします。

▶Facebook(2021/3/13 高橋達史教授(青山学院大学 西洋美術史)退任記念講演会《オンライン開催》)

▶Twitter(《再延期 2021/3/13online》高橋達史教授 退任記念講義)

NOTE
  • 当初予定しておりました講義後の懇親会は、残念ながら取り止めといたします。現時点では変更開催も予定しておりません。新型コロナ感染拡大状況が不透明でありますところ、悪しからずご了承ください。

関連情報