TOP

THE PAGE YOU ARE VIEWING

「第93回箱根駅伝優勝報告会」を開催

NEWS

SCHEDULED

2017.1.10

TITLE

「第93回箱根駅伝優勝報告会」を開催

CATEGORY

2017年1月7日(土)12時40分から、青山キャンパス ガウチャー記念礼拝堂前において、体育会陸上競技部(長距離ブロック)「第93回 箱根駅伝優勝報告会」を行いました。

はじめに、原晋陸上競技部(長距離ブロック)監督から「93回箱根駅伝、無事総合優勝をさせていただくことができました。私たちは、歴代のキャプテンを中心に毎年できることと、半歩先を求めながら着実にチームとして成長をしてきて今シーズン、箱根駅伝3連覇、大学駅伝3冠を達成することができましたが、これも多くの皆さま方の支えがあっての達成だと思っています。今後は、昨今、効率化が求められている中、無駄なものにチャレンジをし、その中から、新しいアイディア、また新しいステージを生み出していきたいと考えています。この先も日々精進してまいりますので、温かいご声援、ご支援をお願い申し上げます。ありがとうございました。」と優勝報告がありました。

続いて、1区を走った梶谷瑠哉選手(教育人間科学部2年)を皮切りに、出走した選手ひとりひとりからあいさつが述べられ、その後、内山義英陸上競技部長より「陸上競技部は、1918年に創部し、2004年に大学から強化指定をうけ、これまで皆さまからのご支援をいただいて、今日の成果を出すにいたりました。先ほど、選手たちも口々に申しておりましたが、20数キロを走る中で必ずどこかで皆さまからの応援、名前で呼んでいただくというご声援をいただき、選手たちは、無事、中継所でタスキをわたすことができました。沿道、あるいはテレビの前から他、たくさんの応援に心からお礼を申し上げます。ありがとうございました。」と謝辞が述べられました。

最後に、安藤悠哉主将(教育人間科学部4年)から「本日はお集まりいただき、ありがとうございます。新しいチームが始動してから「箱根駅伝3連覇」を大目標として1年間練習を積んできて、結果として、箱根駅伝3連覇と学生駅伝3冠を同時に達成することができて、本当に充実した1年間を送ることができたと思います。しかし、4年生やこれまでチームを引っ張ってきてくれた先輩たちの存在であったり、いろいろな人たちの努力があってのチームなのだということを感じた1年間でもありました。ここに並んでいる10人の選手だけではなく当日サポートに回った選手やマネージャー、監督、コーチを含めて、本当に全員で勝ち取った優勝だと思っています。これからも高い目標に向かって後輩たちが頑張っていきますので、変わらぬ声援をお願いします。本当に応援ありがとうございました。」とあいさつがあり、優勝報告会は終了しました。
今後の陸上競技部(長距離ブロック)の活躍が期待されます。

本学を応援してくださった方々に、あらためてお礼を申し上げますとともに、引き続き、応援をお願い申し上げます。

なお、本学での優勝報告会終了後、渋谷センター商店街振興組合主催で、渋谷駅ハチ公広場前において優勝セレモニー、センター街バスケットボールストリートにおいてパレードが行われました。

≪第93回箱根駅伝優勝報告会、出走選手からのあいさつ≫

区間

氏名

(学部・学年)

報告会あいさつ
1区 梶谷 瑠哉
(教育人間科学部 2年)
この箱根駅伝が初めての駅伝だったのですが、往路優勝、復路優勝、総合優勝と、初駅伝ながら、いい経験をさせていただきました。自分としては、最低限の仕事をしっかりできて、その後の区間は、強い選手がたくさんいたので、安心してみていることができました。走っている時には、声援がとても力になって、その力をしっかりもらいながら、集団でも走ることができました。本当に応援ありがとうございました。
2区 一色 恭志
(経営学部 4年)
今回2区を走りました。2区は、3年連続で走り、その中で一番遅い記録ではあったのですが、67分台という記録で走り、チームの中の役割として、最低限の走りができたと思います。また3年連続ということで、だいたいどのあたりに青学の旗があるのかということもわかっていたので、そこまではがんばろうというみたいな思いがあって、その(応援の)おかげでがんばることができました。ありがとうございます。本当に3連覇3冠ということを達成できて、今まで4年間やってきてよかったと思っています。ありがとうございました。
3区 秋山 雄飛
(国際政治経済学部 4年)
今大会を迎えるにあたって、調子が直前まであがらず、監督からは「500%起用はないだろう」といわれる状態の中で、トレーナーの方々やチームメイトの人たちから、やる気が出るような言葉をかけてもらって、このような場に立てたと思っています。レースとしては、前を追いかけるような展開になりましたが、沿道の応援がすごくて、「もうだめだ」というようなことを考える余裕もなく、気が付いたら前に追いついていたという状況でした。「湘南の神になれる」という監督の言葉をきいて、さらにやる気が出て、もっと頑張れました。応援ありがとうございました。
4区 森田 歩希
(社会情報学部 2年)
今回、自分としては区間2位で悔しい結果ではあったのですが、チームが3連覇し、そのチームの一員として走ることができたことを、本当に光栄に思います。本当にきつい時に沿道の方の応援や学部の友達の応援、本当にたくさんの応援があって、頑張ることができました。応援ありがとうございました。
5区 貞永 隆佑
(文学部 3年)
今回、箱根駅伝を走って、まず一番に気づいたことは、沿道の応援がすごいということでした。あとは、自分がスタートした時に、早稲田大学さんとは、約1分30秒の差があったのですが、最後、ゴールする時には33秒差になってしまいましたが、なんとか往路優勝のゴールテープを切ることができて、本当にうれしく思います。復路の6区の小野田(選手)にはプレッシャーをかけたと思いますが、最後、復路の人たちも総合優勝のゴールも切ることができてよかったと思います。応援ありがとうございました。
6区 小野田 勇次
(経営学部 2年)
貞永さんから話があったように、33秒という結構プレッシャーがかかる中でスタートして、自分の走りはしっかりできたとは思っています。少し腹痛があって、ペースを落としてしまった部分もあって、ちょっとタイム的には満足いかないですが、復路の流れはしっかりつくれたと思います。来年も6区で区間賞、次は絶対に区間賞を取りたいと思っています。応援ありがとうございました。
7区 田村 和希
(経営学部 3年)
はじめに、体調の方はよくなってきました。皆さまには、ご心配をおかけしました。今回、皆さんに成長した姿をお見せしたかったのですが、結果的にあのような形になってしまって、皆さまに情けない姿をお見せしてしまいました。心配をチームのみんな、応援してくださった方々にもさせてしまったと思います。
ただ、この1年間、本当に自分の中で、最後の箱根駅伝は悔しい結果になったのですが、1年間をみると、本当に飛躍できた年だと思います。飛躍したこの1年間は、今の4年生がひっぱってきてくれたこのチームで一緒に戦おうという気持ちでやってきたから、ここまで強くなれたのだと思っています。僕たちが来年度から最上級生になります。これまでの3年間は、先輩の背中を追ってきたのですが、今度は、このチームの先頭に立って、後輩たちをひっぱっていき、このチームを、また来年の箱根駅伝も連覇できるよう頑張っていきたいと思います。個人としても自覚をもってやっていきたいと思っていますので、これからも応援よろしくお願いします。ありがとうございました。
8区 下田 裕太
(教育人間科学部 3年)
田村(選手)がいい演出をしながら、自分のところに(タスキを)持ってきてくれたので、自分は格好よく走らせていただきました。区間新をひとつの目標として走っていたのですが、ちょっと力足らずというか、最後の5km、かなり失速をして昨年と同タイムということになってしまいました。来年に向けては、4年生、往路の2区3区を走った4年生の一色さんや秋山さんがいなくなるので、(レースが終わった時点では)自分が往路を走りたい!という気持ちで終わった時にはいましたが、監督から8区で区間賞を出してほしいという声をもらっているので、そういうのは(希望区間は)関係なく、4年生になるので、どこを走っても任せられる選手になっていきたいと思います。応援ありがとうございました。
9区 池田 生成
(社会情報学部 4年)
振り返ってみて、今回の9区の走りは、本当に23km、ただただきつい走りだったのですが、10区の安藤(選手)につなげたのは、ここにいる皆さんやいろいろな方々からの沿道の応援があったからだと思っています。来年からはOBとなるので、しっかりOBとしてこのチームを応援していけたらと思っています。応援ありがとうございました。
10区 安藤 悠哉
(教育人間科学部 4年)
寒い中をお集まりいただき、ありがとうございます。自分自身、アンカーを走らせていただくのは2回目だったのですが、前回の初優勝の時よりも今回の方が、自分たち4年生がつくってきたチームということでうれしさも前回以上で、本当に楽しい23kmだったと思います。本当に自分たち4年生が、青春をかけて引っ張ってきたチームで、このようにいい形で終わることができたので、この形を後輩にも引き継いで、後輩たちには、もっともっと上を目指して頑張ってもらえたらと思います。沿道の応援が本当に力になりました。ありがとうございました。
主務 小関一輝
(理工学部 4年)
今年のチームは、出雲大学駅伝、全日本大学駅伝とひとつひとつのレースを選手全員、チーム全員が集中して臨んできました。今回の箱根駅伝もチーム一丸となって、選手が本当に集中して臨んで勝ち取れたものだと思います。しかし、1月2日の前にはいろいろとハプニングもありました。秋山(選手)がギリギリまでなかなか調子があがってこない、下田(選手)が直前に捻挫をしてしまったり・・・。不調があったり、いろいろとアクシデントもあった中で、ここに立った選手たちは、しっかり集中力を保って当日、臨んでくれました。そのおかげもあり、この箱根駅伝3連覇、そして、出雲、全日本、箱根 三冠という目標を無事達成することができました。箱根駅伝では、自分は監督車に乗って後ろからついていったのですが、沿道では皆さんの応援がたくさん、すごくたくさんの応援があって、こんなに箱根駅伝は、人がいっぱい居るんだ、こんなに盛り上がるんだと改めて思いました。そしてチーム青山の力を改めて感じました。皆さんに大変感謝しています。本当にありがとうございました。

関連情報