TOP

青山学院大学は、スポーツクラブ「メガロス」と、「児童のコンディショニングトレーニングの効果」に関する共同研究契約を締結

NEWS

POSTED

2022.01.19

TITLE

青山学院大学は、スポーツクラブ「メガロス」と、「児童のコンディショニングトレーニングの効果」に関する共同研究契約を締結

CATEGORY

本学は、スポーツクラブ「メガロス」を展開する野村不動産ライフ&スポーツ株式会社(本社:東京都中野区/代表取締役社⻑:小林 利彦)と連携し、人間の一生のうちでもっとも運動神経が発達する「ゴールデンエイジ(9~12歳)」を対象とした「児童に対するコンディショニングトレーニングのエビデンス検証効果」に関する共同研究に関する契約を締結しました。今回の共同研究契約の締結は、スポーツ庁が推進する「大学スポーツ資源の活用による地域活性化拠点形成支援事業」の一環として進められている「青山学院大学スポーツ健康イノベーションコンソーシアム」のスポーツ関連団体の構成メンバーに、2018年4月から「プレ・ゴールデンエイジ(3~8歳)※1」向けの体育スクール「ミライク」※2を展開中のスポーツクラブ「メガロス」を民間のフィットネスクラブ事業者としたことが契機となっています。

今後の取り組みとしてスポーツクラブ「メガロス」のランニングスクール「ミライクラン」に参加する児童にコンディショニングトレーニングを実施することを通じて、児童の運動能力への影響を分析します。

※1 3〜8歳の、神経系が著しく発達する時期であり、遊びとして多様な運動・スポーツを経験することが基本的な運動動作の習得や、運動への好意的な態度形成に効果的な時期
※2 「ミライク」とは「リズムトレーニング」・「コーディネーション」・「体育」の3つのプログラムを融合し、様々な動きを楽しみながら行うことを通じて、スポーツの上達に影響する運動神経を刺激し“運動センスを作る”メガロスオリジナルの新型体育スクールです。

関連情報