TOP

THE PAGE YOU ARE VIEWING

教育デザインと情報メディアを考えるシンポジウム2018 「学習者の主体性を最大限に引き出す」

EVENT

SCHEDULED

2018.12.15

TITLE

教育デザインと情報メディアを考えるシンポジウム2018 「学習者の主体性を最大限に引き出す」

CATEGORY

2018年12月15日(土)に、教育デザインと情報メディアを考えるシンポジウム2018 「学習者の主体性を最大限に引き出す」を開催します。

青山学院大学附置情報メディアセンターでは教育研究機関における情報化のあり方について、多様な議論を深めることを目的に「教育デザインと情報メディアを考えるシンポジウム」を開催しています。

第5回となる今回は「学習者の主体性を最大限に引き出す」をテーマとして、初等・中等教育での主体的・対話的で深い学びの実現と、そのためのICTの利活用に焦点を当て、東京大学大学院 市川伸一教授による特別講演「主体的で深い学びとICTの役割」を予定しています。
また、青山学院の初等部、中等部、高等部の教育実践を報告し、参加者を交えた議論を通して学校教育における「主体的な学び」の理解を深めていきます。

なお、シンポジウムの後には情報交換会も開催します。

※参加費無料、要事前申し込み
※参加を希望される方は当日名刺を2枚お持ちください。また、学生の方は学生証をお持ちください。

開催概要

教育デザインと情報メディアを考えるシンポジウム2018
日時 2018年12月15日(土) 14:00~17:30(受付開始13:30)
場所 青山キャンパス 17号館3階 17309教室

会場へのアクセスはこちら

キャンパスマップはこちら

定員 200名
参加費 無料
その他 ■テーマ
「学習者の主体性を最大限に引き出す」

■特設サイト
「EDIM’18 学習者の主体性を最大限に引き出す」

申込方法 特設WEBサイトからのエントリーが必要です。

お申し込みフォーム

情報交換会
日時 2018年12月15日(土) 18:00~20:30
場所 アイビーホール「クリノン」(東京都渋谷区渋谷4-4-25)

会場へのアクセスはこちら

定員 80名
参加費 無料
申込方法 特設WEBサイトからのエントリーが必要です。

お申し込みフォーム