TOP

研究会「文化とマーケティング」開催

EVENT

SCHEDULED

2019.11.22

TITLE

研究会「文化とマーケティング」開催

CATEGORY

総合文化政策学会・2019年度ACL(Aoyama Community Laboratory)研究プロジェクトでは、海外でのクールジャパン関連イベント、観光、文化を競争力としたマーケティング戦略といった視点から、「文化とマーケティング」研究会 ~マーケティング学者は文化にどう接近するのか~ を2019年11月22日(金)に開催します。マーケティングや消費者行動の研究者が、文化の諸側面にアプローチした研究成果を報告し、文化とマーケティングの新たな地平を切り開く議論を展開します。

日時 2019年11月22日(金)19:00~21:00 (18:30開場)
場所 青山キャンパス 17310教室(17号館3階)

キャンパスマップはこちら

プログラム 1. ジャパニーズ・ポップカルチャー・イベントの形成・発展メカニズム
川又 啓子 青山学院大学 総合文化政策学部 教授2. 仏独旅行者のジャパニーズ・ポップカルチャーに対する情報探索行動:日本関連イベントにおける来場者調査の結果から
中川 正悦郎 成城大学 経済学部 准教授

3. 文化を競争力とするマーケティング:カルチャー・コンピタンスの競争原理
三浦 俊彦 中央大学 商学部 教授

4. カルチャー・コンピタンス・マーケティングにおける消費者行動原理
田嶋 規雄 拓殖大学 商学部 教授

 

参加費 無料(先着順、事前登録制)
申し込み方法 参加ご希望の方は、以下のURLからお申込ください。

https://bit.ly/2VeLeYj

 

▼担当教員の川又啓子氏よりコメント
「マーケティングとは企業の対市場活動であり、商品やサービスを市場に提供する方法である」というのが一般的なマーケティングの捉え方ですが、本研究プロジェクトでは、マーケティング・消費者行動を専門とする研究者が、さまざまな側面から文化にアプローチした研究成果を報告します。秋の夜長に是非ご参加ください。

※詳細については、こちらをご覧ください。

関連情報