TOP

大岩孝輔助教(理工学部)らが「論文奨励賞」を受賞

NEWS

SCHEDULED

2019.9.30

TITLE

大岩孝輔助教(理工学部)らが「論文奨励賞」を受賞

CATEGORY

大岩孝輔助教(理工学部電気電子工学科)、伊藤大貴さん、加藤元気さん(ともに発表当時、理工学研究科理工学専攻電気電子工学コース・野澤昭雄教授研究室)の論文が一般社団法人電気学会「2018年 電子・情報・システム部門誌 論文奨励賞」を受賞しました。

2017年9月6日(水)~9月9日(土)サンポートホール高松(香川県)で開催された「平成29年 電気学会 電子・情報・システム部門大会」で発表された論文が「電気学会論文誌 C(電子・情報・システム部門誌)」2018年138巻7号に論文として掲載され、審査の結果、2019年8月号のニュースレターを通じて受賞者が発表されました。

大岩助教の論文は「Contactless Blood Pressure Assessment by Facial Visible Image Analysis」で、非接触計測した顔面可視画像から取得した顔面脈波の振幅・位相情報に基づく血圧推定回帰モデルの構築とその評価が行われました。

伊藤さんの論文は「Evaluation of Variations in Autonomic Nervous System’s Activity During the Day Based on Facial Thermal Images Using Independent Component Analysis」で、非接触計測にて得られた顔面皮膚温度分布に対して信号源分離に用いられる独立成分分析アルゴリズムを適用することで、自律神経系活動の日内変動成分の抽出を試みました。

加藤さんの論文は「Emotional Arousal by Feedback for Selfies: A Pilot Study」で、セルフィー(自撮り写真)のフィードバックによる感情喚起の評価を試みました。