TOP

McCREADY,Elin S.教授(文学部 英米文学科)がドイツの財団 Alexander von Humboldt Stiftung/Foundationによる、The Friedrich Wilhelm Bessel Research Awards 受賞

NEWS

POSTED

2021.02.22

TITLE

McCREADY,Elin S.教授(文学部 英米文学科)がドイツの財団 Alexander von Humboldt Stiftung/Foundationによる、The Friedrich Wilhelm Bessel Research Awards 受賞

CATEGORY

McCREADY,Elin S.教授(文学部 英米文学科)がドイツの財団 Alexander von Humboldt Stiftung/Foundationによる、The Friedrich Wilhelm Bessel Research Awardsを受賞しました。

The Friedrich Wilhelm Bessel Research Awards (フリードリヒ・ヴィルヘルム・ベッセル研究賞)は、それぞれの分野で優れた成果を挙げ、今後もその分野に大きな影響を与える最先端の研究を生み出すことが期待できる研究者に対して贈られるものです。 McCREADY,Elin S. 教授の研究は、意味論と実用論、数学的手法を用いた意味の研究であり、言語学と哲学の交差点にあります。最近の作品では、性別言語、敬語、政治的発言など、社会構造や序列に関係する言語に注目しています。同賞受賞に伴い、ベルリンのLeibniz-Zentrum Allgemeine Sprachwissenschaft (ZAS) に同僚と共に研究に招待され、2021-22年度中の実施を目指しています。

同賞は、学位取得後18年以内で、専門分野に生産的な影響を与え、最先端の活動を生み出すことが期待される世界的に著名な研究者を対象に授与されます。ドイツの共同研究者に推薦された後、ドイツに6カ月間から最長1年間滞在し研究を行います。毎年約20人の研究者が選ばれ、副賞として45,000ユーロが贈られます。