TOP

岸田一隆(きしだ いったか)教授(経済学部)の著書が第41回「エネルギーフォーラム賞」で「普及啓発賞」受賞

NEWS

POSTED

2021.04.01

TITLE

岸田一隆(きしだ いったか)教授(経済学部)の著書が第41回「エネルギーフォーラム賞」で「普及啓発賞」受賞

CATEGORY

岸田一隆(きしだ いったか)教授(経済学部)の著書『青学発 岸田教授の「エネルギー文明論」』(エネルギーフォーラム、2019年)が、2021年2月18日(木)、第41回「エネルギーフォーラム賞」において「普及啓発賞」を受賞しました。

「エネルギーフォーラム賞」は、株式会社エネルギーフォーラムが1980年、エネルギー論壇の向上に資するために創設したもので、エネルギー関連の著書を対象に、毎年、選考委員会による選考が行われ顕彰するものです。

本受賞作は、エネルギー問題を「人類文明の持続可能性」の視点から、長年の研究・教育・実践活動に基づいて、学生だけではなく一般読者が自分事として考えて行動することの重要性とそのための具体策が分かりやすく示されており、将来を担う若い世代に是非とも一読してもらいたい好著と評価され、受賞に至りました。

なお、今年の贈呈式は、新型コロナウイルス対策のため中止となりました。

関連情報