TOP

設立記念シンポジウム「大学ジェンダー研究機関のこれまでとこれから」開催報告

NEWS

POSTED

2021.07.28

TITLE

設立記念シンポジウム「大学ジェンダー研究機関のこれまでとこれから」開催報告

CATEGORY

2021年7月29日更新

5月9日(日)の13時から4時間にわたって、本センター設立記念シンポジウム「大学ジェンダー研究機関のこれまでとこれから」をオンラインにて開催しました。
第一部では、阪本浩学長の開会挨拶ののち、日本の大学におけるジェンダー研究機関の歴史を踏まえた司会(梅垣千尋)の趣旨説明、それに続けて、立教大学ジェンダーフォーラムの和田悠先生、早稲田大学ジェンダー研究所の村田晶子先生、一橋大学社会科学ジェンダー研究センターの貴堂嘉之先生から、各大学のジェンダー研究機関の活動についてご報告をいただきました(国際基督教大学ジェンダー研究センターの田中かず子先生は、残念ながらご病気のためご欠席となりました)。
第二部では、これらのご報告にたいして、認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク理事長/東京大学名誉教授の上野千鶴子先生、渋谷区役所総務部男女平等・ダイバーシティ推進担当課長の永田龍太郎さん、また申惠丰センター長から、それぞれコメントがありました。
「先達」にあたる各ジェンダー研究機関の経験から多くのことを学ぶことができたと同時に、現在の日本社会において本センターに求められていることについて、深く考える機会となりました。なお、開催中には接続のトラブルで音声が乱れた部分がありましたが、後日再収録したものを参加者全員に配信しています。当日の参加者数は227名でした。(梅垣千尋)

シンポジウムを収録し一部編集した動画をご覧になれます(2022年3月31日まで)。