TOP

大道寺隆也准教授(法学部)が、日本EU学会「EU研究奨励賞」受賞

NEWS

POSTED

2022.04.29

TITLE

大道寺隆也准教授(法学部)が、日本EU学会「EU研究奨励賞」受賞

CATEGORY

大道寺隆也准教授(法学部 ヒューマンライツ学科)は、日本EU学会の学術論文誌である『日本EU学会年報』第42号(2022年、近刊)に掲載される「EUによる『押し返し(pushback)』政策の動態——EU立憲主義の可能性と限界——」により、EU研究奨励賞を受賞しました。この賞は、次世代のEU研究者を育成することを目的に、『日本EU学会年報』に掲載された論文のうち、特に優れた単著論文の著者に対して授与される賞です。

受賞した論文は、「押し返し(pushback)」と呼ばれる、欧州連合(EU)やその加盟国による難民排除の政策を、立憲主義の観点から分析したものです。人権尊重を謳っているはずのEUが難民の人権を侵害している局面を、EUの外からの批判に着目して分析し、それによってEUの立憲主義の限界を批判した点が、意欲的で大胆な問題提起として評価されました。

関連情報