TOP

新型コロナウイルス感染症への本学の対応について

NEWS

POSTED

2020.11.07

TITLE

新型コロナウイルス感染症への本学の対応について

CATEGORY

2020.11.7更新(太字箇所)
2020.6.8更新
2020.5.11更新
2020.4.30更新
2020.3.26更新
2020.3.20更新
2020.3.3更新
2020.2.27更新
2020.2.13

学生および教職員 各位

連日報道されているとおり、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、日本国内でも感染が拡大している状況が見られることから、本学は、以下のとおり対応します。

■症状がある場合について
発熱等の風邪症状が見られる時は、外出を控えてください。また、本学への入構も禁止します。
次の症状がある方は、帰国者・接触者相談センターへ電話で相談し、その指示に従ってください。
・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
・高齢者や基礎疾患のある方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
・上記以外での方で、発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

<参考>新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安(厚生労働省ウェブサイト)

■感染と診断された場合、濃厚接触者となった場合の報告について
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、政令により「指定感染症」として定められ、学校保健安全法に定める「第一種感染症」とみなされます。万一、自分や同居する家族等が感染と診断された場合または自分が濃厚接触者となった場合は、登校や就業を控えることはもちろん、保健所等公的機関の指示に従って行動し、学生および非常勤講師は保健管理センター(03-3409-7896)に、専任教員および事務職員(専任以外も含む)は所属長に速やかにご連絡ください。

■感染予防、感染拡大防止について
感染拡大を予防する「新しい生活様式」を実践し、換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まること(「密閉」「密集」「密接」のいわゆる「三密」)を避けるとともに、引き続きマスクの着用や咳エチケット、手洗い、うがいなどの感染症対策に努めてください。
また、学生ポータルでもお知らせしていますが、若年層の感染や飲食店における会食等の場でクラスターが多く発生していることから、利用者一人一人が「自分の身を守る」ことを意識し、まわりの人に感染を拡大させることのないよう注意してください。
感染拡大を防止する手立ての一つとして、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COVID-19 Contact-Confirming Application 通称COCOA)を活用してください。
アプリは以下ウェブサイトからダウンロードできます。

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)COVID-19 Contact-Confirming Application(厚生労働省ウェブサイト)

その他、体調管理の注意点について等、以下のページも確認の上、各自十分に注意してください。

学校、職場における新型コロナウイルス感染症予防対策について(保健管理センター)


<参考>新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」の実践例(厚生労働省ウェブサイト)

■課外活動について
詳細は学生ポータルで確認してください。

■海外への渡航について
世界各国で感染が拡大し、渡航先の国・地域において行動制限を受けたり、出国が困難となる事態を防ぐため、外務省は、全世界を対象として一律に「危険レベル2:不要不急の渡航は止めてください。」を発出しています。また、ほぼすべての国・地域に対し、「感染症危険レベル3:渡航は止めてください。」や「レベル2:不要不急の渡航は止めてください。」が発出されています。
本学では、こうした状況を受けて、学生および教職員の海外への渡航は、危険レベルおよび感染症危険レベルがレベル2から引き下げられるまで、原則禁止とします。
危険レベルおよび感染症危険レベルは、本ページ末の<関連ウェブサイト>外務省海外安全ホームページで確認してください。

■海外に滞在している学生・教職員について
現在海外に滞在している学生・教職員は、速やかに帰国してください。なお、外国籍の学生・教職員で、日本への上陸拒否の対象となる地域に滞在歴があり、入国が困難な方は、所属学部・研究科の学務部教務課、専門職大学院教務課、相模原事務部学務課まで至急ご連絡ください。
上陸拒否の対象となる地域は、以下ウェブサイトで確認してください。

新型コロナウイルス感染症に関する情報(法務省ウェブサイト)

■海外から帰国した学生・教職員について
厚生労働省は、すべての国・地域からの入国者に対し、入国翌日から14日間の待機要請を行っています。海外から帰国した学生・教職員は、要請どおり検疫所が指定する場所(自宅等)で待機し、待機場所への移動も含め、国内において公共交通機関を使用しないでください。待機期間を過ぎるまで、本学への入構も禁止します。また、待機期間を過ぎても、体調がすぐれない場合は引き続き入構を控えてください。検疫強化等に関する情報については、以下ウェブサイトを参照し、最新の情報を得てください。

水際対策の抜本的強化について(新型コロナウイルス感染症)(厚生労働省ウェブサイト)
水際対策の抜本的強化に関するQ&A(厚生労働省ウェブサイト)

■新規に入国を予定している外国人留学生について
原則としてすべての国・地域からの外国人留学生を含む中長期在留者について、順次、新規入国が認められることになりました。現在海外に滞在し、在留資格を有していない外国人留学生は、国際センターまでご連絡ください。

<参考>国際的な人の往来再開に向けた段階的措置について(外務省ウェブサイト)

■本学関係者の罹患が判明した際の公表について
本学では、本学関係者の罹患が判明し、その濃厚接触者の特定が難しい事態が生じるなど、感染拡大防止の観点から広く注意喚起を行う必要性が高い場合に、罹患者やそのご家族の個人情報保護および人権尊重に十分配慮した上で、大学ウェブサイトにおいて公表します。

関連ウェブサイト