TOP

経済学部「青山学院白須ゼミ」チームが、ブルームバーグ L. P. 社主催 「ブルームバーグESG投資コンテスト2021」で入賞

NEWS

POSTED

2022.01.21

TITLE

経済学部「青山学院白須ゼミ」チームが、ブルームバーグ L. P. 社主催 「ブルームバーグESG投資コンテスト2021」で入賞

CATEGORY

2021年12月16日(木)、ブルームバーグL.P. 社が学部生・院生を対象に開催した「ブルームバーグESG投資コンテスト2021」の決勝プレゼンテーション及び最終選考会がオンラインで行われ、本学白須洋子教授(経済学部 経済学科)指導の4年村岡直樹さん(写真左上)、3年後藤啄文さん(写真左下)、3年西口夏津貴さん(写真右下)、3年青柳洸人さん(写真右上)のチームが入賞しました。2年連続の入賞となります。

このコンテストは、世界中の機関投資家で使用されているブルームバーグ端末を使用し、非財務情報・企業財務および市場データなどを分析し、仮想運用資金1億円を運用・ポートフォリオの組成を行い、その運用理論や投資パフォーマンスを競うものです。今回は、ESG投資をテーマに、55チーム262名の大学院生・学部生が参加しました。

レポートの内容から選出されたファイナリスト8チーム(入賞)だけが、12月の決勝プレゼンテーションに出場でき、本学の学生チームは、提出したレポート(タイトル:一億総健康ポートフォリオ~誰もが健康に働ける未来を目指して)の理論的整合性、緻密なデータ収集・作成と統計的分析等が評価され、今回の受賞となりました。本学の学生たちは、ESG投資のうち、健康経営に焦点を当てポートフォリオを作成しました。企業別の健康関連データ制約が大きい中、さまざまな情報源から多くの精緻なデータを集め、統計的な評価モデルで企業を選定することは苦労が多かったようです。そして最適ポートフォリオ理論のもと、単純なリスク・リターン最大化ポートフォリオではなく、ESGの特性を考慮してリスクを最小化する最小分散ポートフォリオを求め、その中から市場以上のリターン獲得が見込める企業を投資対象としたようです。

関連情報