TOP

「第90回東京箱根間往復大学駅伝」出場 壮行会を開催

NEWS

SCHEDULED

2013.12.13

TITLE

「第90回東京箱根間往復大学駅伝」出場 壮行会を開催

CATEGORY

12月13日(金)、ガウチャー記念礼拝堂前において「体育会陸上競技部(長距離ブロック)第90回東京箱根間往復大学駅伝競走出場壮行会」が行われました。
嶋田順好学院宗教部長による開会祈祷の後、原晋監督からの出場報告、エントリー選手からの自己紹介が行われました。原晋監督は「エントリーされた選手の個々の能力には大差はなく、勝負を分けるのは走ることに対する熱意の差。三強(駒澤大学、東洋大学、日本体育大学)をはじめ、強豪チームは多いが、できるだけ上位を目指したい。」と語りました。
次に山北宣久院長より井上尚樹主将(総合文化政策学部4年)に襷が進呈された後、仙波憲一学長および志村一彦「応援の会」副会長から激励のあいさつがありました。
その後、選手を代表し、井上主将から壮行会に対する感謝の言葉とともに「エントリー選手の中で誰が選ばれたとしても自信をもって走りぬきたい。また目標は『三強崩し』。上位での争いが展開できるようにがんばりたい。応援よろしくお願いします。」と箱根駅伝に臨む決意がのべられました。
最後に、応援団、吹奏楽バトントワリング部、チアリーディング部による応援エールと「カレッジソング」の斉唱が行われ、閉会の辞をもって壮行会は終了しました。

なお、12月29日(日)に各区間のエントリーが行われ、2014年1月2日(木)、3日(金)にレースが開催されます。応援、よろしくお願い申し上げます。

≪ 「エントリー選手氏名」および「箱根駅伝にむけての抱負」 ≫

 氏名  学部・学年  箱根駅伝にむけての抱負
石田 駿介 国際政治経済学部 4年 最初で最後の箱根路を悔いなく駆け抜けます。
井上 尚樹 総合文化政策学部 4年 チャレンジ精神を持って、三強崩し。4年分の想いを込めて走ります。
遠藤 正人 経営学部 4年 4年生としての責任感のある走りをする。応援してくださる方々に感謝して走りたい。
鈴木 優人 教育人間科学部 4年 チームに貢献するために、スピードを活かした駅伝をして、4年生の意地を見せます。
竹内 一輝 文学部 4年 故障で泣いてばかりの4年間。最後は名前の通り一番輝いて、最高の仲間と共に最高の結果を残します。
高橋 宗司 教育人間科学部 3年 今年は何ひとついい事がありませんでしたが、2014年の1月2・3日は、その分倍返しで走ります。感情むき出しでいきます。
藤川 拓也 国際政治経済学部 3年 昨年は、情けない走りをしてしまいました。そのリベンジは「箱根駅伝」でしか返せないので、任された区間で区間賞を目指して頑張りたいと思います。
三野 貴史 理工学部 3年 夏は故障で全く走ることができず、不安な面もありましたが、間に合わせることができました。日頃からお世話になっている方々への感謝の気持ちを持ち、最後まであきらめない粘りの走りをしたいと思います。
小椋 裕介 社会情報学部 2年 箱根の借りは箱根で返します。区間3位以内で走り切り、チームに貢献します。
松島 良太 経営学部 2年 今回は、16人のエントリーに選ばれました。今年は、チームの一番下からここまで這い上がってこれました。夏合宿が終わってから試合でも安定した結果を出せるようになってきているので、「箱根駅伝」では、最低区間5位以内を目標にしています。チームの目標に貢献できるように、残り少ない時間を大切にしていきます。応援よろしくお願いします。
神野 大地 総合文化政策学部 2年 去年は故障してしまい、出場することができず悔しい思いをしました。その悔しさを胸に1年間努力してきた結果、2年生になってからは記録も伸びてチームの中間から主力にまで上がることができました。箱根の前哨戦でもある「出雲駅伝」「全日本大学駅伝」では共にエース区間を走り、他大の強い選手と戦うことができました。いよいよ残すは「箱根駅伝」ですが、箱根でもエース区間である2区を走り、自分の持ち味である粘りの走りを存分に出して怖がらず自信を持ってのぞみたいと思います。箱根駅伝で結果を出すための練習・生活はしてきているので、その成果を出してチームに貢献したいと思います。
橋本 崚 国際政治経済学部 2年 総合優勝という目標のために全力で走り、結果を残します。
村井 駿 理工学部 2年 僕は他の箱根メンバーに比べると、まだまだ走力が不十分で弱いです。しかし、大会では、自分の特性を十分に活かし、他大の格上の選手と遜色ない走りをしたいと思います。応援よろしくお願いします。
山村 隼 法学部 2年 この一年間、「箱根駅伝」で走り、チームを総合優勝させることだけを考えて過ごしてきました。昨年以上に練習も積めており、自信もついているので、当日は人生で最高のパフォーマンスをすることができると思います。走る区間はどこを任されても走れるように、イメージトレーニングをしています。応援よろしくお願いします。
一色 恭志 経営学部 1年 夢であった「箱根駅伝」を走れるという喜びと感謝の気持ちを持って、当日は自分の力を出し切ります。
内田 翼 社会情報学部 1年 応援してくださる方々への感謝の気持ちを持ち、自分の力を出し切るレースをしたいと思います。目標は任された区間を区間3位以内で走ることです。応援よろしくお願いします。

関連情報