TOP

福岡 伸一教授(総合文化政策学部)が「大阪・関西万博 テーマ事業プロデューサー」に就任

NEWS

POSTED

2020.07.13

TITLE

福岡 伸一教授(総合文化政策学部)が「大阪・関西万博 テーマ事業プロデューサー」に就任

CATEGORY

公益社団法人2025年日本国際博覧会協会は、2025年の日本国際博覧会(大阪・関西万博)の会場デザインプロデューサー、会場運営プロデューサー、テーマ事業プロデューサーの合計10名を決定し、福岡 伸一教授(総合文化政策学部)が、テーマ事業プロデューサーに就任しました。

万博全体のテーマである「いのち輝く未来社会のデザイン」を実現するため、8つのテーマ(「いのちを知る」、「いのちを育む」、「いのちを守る」、「いのちをつむぐ」、「いのちを拡げる」、「いのちを高める」、「いのちを磨く」、「いのちを響き合わせる」)が設定されており、福岡伸一教授は「いのちを知る」の担当として、パビリオンでの展示やイベントを通じて、テーマを表現し、発信します。

詳細は、公益社団法人2025年日本国際博覧会協会の公式サイトをご確認ください。

関連情報