メインコンテンツへ

教育研究上の目的・アドミッションポリシー

青山学院大学経済学部の教育研究上の目的とアドミッションポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

経済学部では、最先端の経済学を現実社会に応用させながら、市場経済を主体的に動かしていく力を育てる。同時に、公平な経済社会実現のために、より良い制度や施策を提案できる高い学問的見識と、強い意志をもって社会貢献できる行動力を培うということを教育方針としている。

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

経済学部は、以下のような能力・意欲等を持った入学生を求める。

  1. 現実社会に最先端の経済学を応用させることに関心のあること。
  2. 総合的な視点または公共性の視点から経済学を学習する意欲を持ち、そのための学問的基礎を備えていること。
  3. 社会や政策を積極的に分析して、より良い仕組みを提案することに意欲を持っていること

FAQ学部についてよくあるご質問を掲載しております。



学部・大学院