メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学大学院文学研究科比較芸術学専攻の教育研究上の目的と教育方針と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

比較芸術学専攻では、本学の建学精神にのっとり、また文学研究科の一翼をになう人文科学的「知」の確立を基盤としつつ、美術、音楽、演劇映像という芸術系3領域の専門的及び学際的比較研究と演習等を通じて、芸術がもつ本来の意義や歴史・思想に関する専門的知識と研究者としての論文作成能力を習得し、その比較芸術学的教養や国際的な視野の充実によって上記の芸術3領域の専門研究者としての道を切り拓くことはもとより、福祉・環境・情報など現代社会がもつさまざまな課題に専門的に貢献できる人材を養成することを目的としている。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

比較芸術学専攻は、以下のような能力・意欲等を持った美術史学・音楽学・演劇映像学の各領域への深い関心をもつ入学者を求める。

  1. 美術史学・音楽学・演劇映像学という芸術学各領域の諸問題に関して専門的な関心と研究意欲を持つ。
  2. 西洋や日本・東洋の古典的芸術について、謙虚で専門的な学びを通じて社会に貢献する意欲を持つ。
  3. 芸術や文化の多様性を的確に理解し、美術史学・音楽学・演劇映像学の各領域に関する歴史学的な手法の習得や研究を通じて個々の資質を高める意欲を持つ。
  4. 多様な芸術に対して開かれた心と探究心を持ち、異なる文化的背景や生活体験を持つ人々を理解し、それらの人々と協働して社会や芸術文化の進展に貢献する意欲を持つ。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

博士前期課程

カリキュラム体系

本専攻ではカリキュラムの基本構造は、美術、音楽、演劇映像の各専門分野から構成されている。美術・音楽・演劇映像について領域を横断して学び、歴史的な専門知識を修得した上で、各自の得意とする芸術の諸領域をさらに深く追究できるよう、カリキュラムを構成している。

特色

基礎的な科目として、「比較芸術学研究法Ⅰ・Ⅱ」および「比較人文学研究法Ⅰ・Ⅱ」を配置し、美術・音楽・演劇映像の芸術3領域と文学をはじめとする人文科学系諸学(宗教学・哲学・歴史学・民俗学・文化人類学等)との比較学習・研究を総合的に進められるよう配慮している。専門科目では、美術、音楽、演劇映像の3領域にわたり、「日本・東洋美術史」「西洋美術史」「日本・東洋音楽史」「西洋音楽史」「日本芸能論」「西洋演劇論」「映像文化論」をそれぞれ研究と演習として組み立てて、専門的な知見をより一層深化させることを可能としている。

博士後期課程

カリキュラム体系

カリキュラムの基本構造は、美術、音楽、演劇映像の各専門分野から構成されるが、博士後期課程は学位論文の執筆のための指導に眼目を置いている。

特色

博士前期課程と同様の視点に立ち、最先端の研究を踏まえた少人数教育によって、高度な専門的知識と学際的・国際的な展望を持った研究者の養成をおこなう。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

博士前期課程

比較芸術学専攻は、以下の要件を満たす学生に対し、「修士(比較芸術学)」を授与する。

  1. 美術・音楽・演劇映像についての高度な専門的知識と教養を身につけていること。
  2. 美術・音楽・演劇映像の3領域を研究し、芸術文化の各方面に広大な視野を獲得していること。
  3. これらの知識と能力を社会的に十分運用する力を獲得していること。

博士後期課程

比較芸術学専攻は、以下の要件を満たす学生に対し、「博士(比較芸術学)」を授与する。

  1. 修士論文その他の成果を踏まえて、博士学位申請論文を執筆するに際し、美術・音楽・演劇映像の各分野に現代的な問題意識を有して果敢に挑戦し、研究能力を発揮できること。
  2. 博士後期課程の学生にふさわしい専門分野に関する学識を十分に有すること。


学部・大学院