TOP

授業時間

時限 時間
第1時限 9:00~10:30
礼拝 10:30~11:00
第2時限 11:00~12:30
昼休み 12:30~13:20
第3時限 13:20~14:50
第4時限 15:05~16:35
第5時限 16:50~18:20
第6時限 18:30~20:00
第7時限 20:10~21:40
NOTE
  • 授業は原則5 時限で実施します。しかし、科目配置の都合により6 時限目以降にも配置することがあります。
    青山キャンパスのみ 夕礼拝 火曜日 18:30~19:00

教科書・参考書の購入

講義に必要な教科書・参考書は、購買会の教科書WEBショップで購入できます。
自宅配送(配送手数料がかかります)か学内受取(配送手数料はかかりません)を選べますので、上手に購入しましょう。
※購入前に、学生ポータルの「講義内容検索」で必要なものをよく確認してください。
※配送希望の場合は、時間に余裕をもって注文しましょう(到着までに2~3日かかります)。
※返品・交換はできませんので、誤購入のないようにしましょう。
※教科書WEBショップにないものは、購買会書籍売場で個別に注文することもできます。

青山学院購買会

授業の欠席について

本学では、特定の理由による欠席を認める「公欠制度」は設けておりません。ケガ・病気・学校において予防すべき感染症による出席停止・忌引きなどで授業を欠席した場合は、次回の授業時に直接担当教員に申し出て、指示を受けてください。なお、長期にわたる欠席の場合は、所属キャンパスの教務窓口に相談してください。
なお、麻疹(はしか)・インフルエンザ等の感染症と診断された場合は、速やかに保健管理センターに連絡してください。

緊急時の「 授業の取り扱い」および「伝達手段」について

事故、災害などにより通常利用している交通機関の運行が停止した場合の授業の取扱いは次のとおりとします。
1.通常利用している交通機関運休時における対応
⑴ 代替交通機関を利用して登校が可能と判断できた場合には、危険な状況でない限り、極力、登校するよう努めてください。
⑵ 代替交通機関の利用ができず登校できなかった場合には、所属キャンパスの教務窓口に用意されている「交通機関不通による授業欠席届」に、交通機関などが発行した遅延証明書、事故証明書などを添えて授業担当者に提出して欠席分の学習補填の指示を受けてください。
2.台風の接近時などの対応
台風の接近などによる被害が予想される場合には、休講などの特別措置がとられることがあります。
3.大規模地震の発生が予想されるときの対応
⑴ 大規模地震対策特別措置法による「地震防災対策強化地域判定会」の招集が報道された時点で休校措置がとられます。
⑵ 警戒宣言が解除され、または「判定会」が解散されたときは、休校を解き、平常授業に戻ります。

自主勉強会

青山学院大学には正規授業の他に、より充実した学習を身につけようという学生のために次のような講座・勉学団体があり、学術研究の向上・国家試験合格等をめざし、勉学に励んでいます。

講座・勉学団体 青山キャンパス
外交・国際公務・ジャーナリズム指導室 11号館6階 1164室
尚法会 11号館5階 1158室
会計特別教室 11号館6階 1168室
税理士特別講座 一般教室 教務課経済窓口配布の「税理士特別講座案内」で確認してください。