メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学理工学部機械創造工学科の教育研究上の目的と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

機械創造工学科は、近年の高度情報化、国際化、地球有限化、高齢化の時代において、本学の建学の精神に基づいた、人と社会と自然に対して責任を担い得る新しい「もの創り」のできる機械技術者・研究者を育成することを目的とする。すなわち、機械技術を通して社会の福祉や環境の保全に貢献する技術者・研究者及び開発から廃棄までを視野に入れたライフサイクルエンジニアリングの素養を持った技術者・研究者を育成する。これらの技術者・研究者に必要な、(1)専門能力として、力学を基礎とした分析力及び機械システムの開発・維持・廃棄に必要な統合力、(2)基礎的素養として、英語、数学、情報技術、(3)判断力を高める豊かな教養を身につけさせる。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

機械創造工学科は、以下のような能力・意欲等を持った入学生を求める。

  1. 論理的思考ができること。
  2. 力学の基礎が理解できていること。
  3. ものづくりに興味を持っていること。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

機械創造工学科の教育課程は、青山スタンダード科目と専門教育科目で構成される。

カリキュラム体系

1年次の授業科目では、基礎的素養として、コミュニケーション・ツールとしての英語、コンピュータ・リテラシー、システム分析およびモデル構築の基礎としての数学、システム開発の基礎として情報技術の習得を重視している。2年次の授業では、機械工学として最も重要な4力学、すなわち、材料力学、機械力学、熱力学、流体力学を必修科目として履修させる。これらの科目は演習と組み合わされ、1週間に2度の授業が行われている。これによって、集中的に基礎的な学力を習得させている。3年次では、機械創造工学実験および機械設計製図を配置し、より実践的な基礎知識の素養を付けるとともに、他の専門科目では、本学科の教育目標「もの創りのできるアカウンタブル・エンジニアの育成」が達成できるように配置している。4年次では、これらのカリキュラムの集大成として、各研究室において卒業研究を行っている。

特色

  1. 数学、英語、コンピュータは必須の道具です。
  2. 工業力学、材料力学、熱力学、流体力学、機械力学を統合および解決両能力を育てる必須の基礎学問と位置づけます。

とのポリシーで、

  1. 1. 2.を基礎として、機械工学は次の3つの分野に大別できます。したがって、学生諸君は自分の進むべき道を熟考し、自らの意志と責任において履修計画を立てるべきです。
    分野1: 材料を対象とし、材料の変形・強度・破壊など、材料の性質・挙動などについて学びます。
    分野2: 熱や流体を対象とし、熱や流れの力学、熱エネルギーの利用や熱移動、輸送システムなどについて学びます。
    分野3: 動力学・計測・制御・生産を対象とし、機械の動きとその計測・制御といったシステムに関する基礎、設計手法・生産システムなどについて学びます。
  2. 上記に平行して、ラボワーク、機械創造工学演習、機械創造工学実験、機械設計製図など、演習、実験、実習科目を配置しています。これらの科目は、実践を通じて統合と解決の能力を育てる場です。

と授業要覧に明記し、汎用性のある基礎的な能力を身に着かせようとしている。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

機械創造工学科は、以下の要件を満たす学生に対し、「学士(工学)」を授与する。

  1. 本学科が定める卒業要件単位表に示す区分ごとに、それぞれ必要な単位を修得した者
  2. 専門能力として、力学を基礎とした分析力および機械システムの開発、維持そして廃棄に必要な統合力が身についている者
  3. 基礎的素養として、英語、数学、情報技術が身についている者
  4. 判断力を高める豊かな教養が身についている者

特に上記2から4については、4年次の1年間にわたる卒業研究の過程において指導教員が、そして年度末に学科主催で行われる卒業研究発表会において全学生に対して全教員が、審査し、評価する。

FAQ学部についてよくあるご質問を掲載しております。



学部・大学院