メインコンテンツへ

全学FD委員会委員長あいさつ

本学においては、2003年度から全学的な授業評価アンケートがはじまり、2005年度からFDプロジェクトチームが活動を開始しました。そして、2008年10月からFD推進委員会、2009年4月から全学FD委員会が活動を開始しています。

FD(Faculty Development)は、「授業の内容及び方法の改善を図るための組織的な研修及び研究」といわれますが、その内容は多岐にわたり、現状ではより幅広い活動が展開されて来ています。本学のFD活動も、単なる授業改善にとどまらず、さまざまな教育支援を組織的に展開していく必要があります。これまで GPA制度の導入、シラバスの整備、授業アンケートの公開、新任教職員研修、教育改善・教育プログラム支援制度などが推進され、教育力の強化が図られてきました。2010年度に開始された学生意識調査は、学年進行に伴って卒業時調査を含めた経年比較が可能になりつつあります。その結果の一部は「学生の意識調査からみる青山学院大学の学生像」として公表しました。また、2012年度からは「FD Eagoプロジェクト」を開始し、新たな視点からFD活動への領域を拡げつつあります。

今後は、成績評価システム、シラバスによる教育記録の蓄積、授業アンケート・学生意識調査のフィードバック、教育プログラムの開発支援などを通じて、本学の学士課程教育の質保証を実現していくことになります。また、これらの課題を実行するための全学的な組織も必要になるでしょう。

個々の教員がおこなっている教育改善の蓄積は、潜在的にたいへん大きなものがあるはずです。これらの豊富な資源を可視化するとともに、情報システムを利用しながら、組織的に体系化することがいま求められています。教員と職員が協働しながら、より豊かな、質の高い教育の実現をめざして行きたいと思います。

FAQ大学案内についてよくあるご質問を掲載しております。

大学案内