TOP

THE PAGE YOU ARE VIEWING

教育研究上の目的と3つのポリシー

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学国際政治経済学部国際コミュニケーション学科の教育研究上の目的と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

国際コミュニケーション学科は、コミュニケーション事象の諸相を理論的に研究すると同時に、実際に他文化の人々との円滑なコミュニケーションを図ることもできる人材を育成する。

ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)
知識・技能
  • 国際社会において活躍するために必要となる国際コミュニケーション分野の専門的な知識(とくに、言語、文化、コミュニケーションの三分野に関する専門的な知識)および高い語学力を有している。
思考力・判断力・表現力
  • 国際社会において生じている諸問題(とくに、言語・文化などを背景とする、人間や人間が構成する組織の間の相互理解に関する問題)について、グローバルな視点に立ち、国際コミュニケーションの観点から正しく理解し、論理的に考察し、的確に分析し、さらにその解決に向けて実行する能力を有している。
意欲・関心・態度
  • 国際社会の一員として世界の人々と協力し協働できる意欲・関心・態度を有している。
カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

国際コミュニケーション学科は、学生が卒業時に以下の学力を身につけるために、教育課程を整備する。2年次より、「国際コミュニケーションコース」を設け、言語、文化、コミュニケーションそれぞれに焦点を当てたモデル履修計画に従って一貫した教育プログラムを提供する。

「国際コミュニケーションコース」

  • 01.国際社会において活躍するために必要となる国際コミュニケーションの専門的な知識を身につけるために、言語、文化、コミュニケーションの三分野の専門的な知識に関する科目を設け、学科専門科目(基礎科目(A群)と発展科目(B群))として配置する。
  • 02.国際社会において生じている諸問題(とくに、言語・文化などを背景とする、人間や人間が構成する組織の間の相互理解に関する問題)について、グローバルな視点に立ち、国際コミュニケーションの観点から正しく理解し、論理的に考察し、的確に分析し、さらにその解決に向けて実行する能力を身につけるために、コース専門科目(基礎科目(A群)と発展科目(B群))および専門演習を配置する。
  • 03.国際社会の一員として世界の人々と協力し協働できる能力(高い語学力を含む)を身につけるために、外国語科目(A群(英語)、B群(英語以外の外国語)、C群(英語以外の外国語または英語))を体系的に配置するとともに、4年間を通じて少人数参加型の演習(1年次に入門セミナー、2年次にプリゼミ、3・4年次に専門演習)を開講する。
アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)
知識・技能
  • 国際社会の動向およびあり方について国際コミュニケーション学の観点から理解し考察し分析するために必要とされる高校卒業レベルの知識および語学力を有している。
思考力・判断力・表現力
  • 高校卒業レベルの知識および語学力に基づいて、自らの力で主体的に思考し、判断し、表現できる。
意欲・関心・態度
  • 国際社会のあり方について特に国際コミュニケーションの観点から関心を有している。
  • 学びを通じて他者と積極的に協力・協働し行動する意欲を有している。