メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学国際政治経済学部国際コミュニケーション学科の教育研究上の目的と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

国際コミュニケーション学科は、コミュニケーション事象の諸相を理論的に研究すると同時に、実際に他文化の人々との円滑なコミュニケーションを図ることもできる人材を育成する。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

国際コミュニケーション学科は、以下のような能力・意欲等を持った入学生を求める。

  1. 将来高度な語学力を駆使するための基礎力を持つ者。
  2. 本学科が提供しうる学問領域(言語科学、地域文化・比較文化論、コミュニケーション学)に対する基礎知識と関心を持つ者。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

国際コミュニケーション学科の教育課程は、青山スタンダード科目と専門教育科目で構成される。

カリキュラム体系

本学科は、学部の理念に基づき、多様化・複雑化する国際社会の動向を、主に「言語」、「地域文化・比較文化」、「コミュニケーション」の3つの視点から研究・教育し、将来、国際的に活躍できる人材を育てることを目的としている。この為に、上記3視点に対応する分野ごとに科目群を、学生が自身の関心に応じて学べるように整備されている。

特色

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

国際コミュニケーション学科は、以下の要件を満たす学生に対し、「学士(国際コミュニケーション)」を授与する。

  1. 本学科が3本柱とする「言語」、「地域文化・比較文化」、「コミュニケーション」関連の科目を幅広く履修した者。
  2. 将来の国際人となれる教養とスキルを身につけた者。

FAQ学部についてよくあるご質問を掲載しております。



学部・大学院