メインコンテンツへ

履修モデル・主要科目の特長

文学研究科史学専攻の履修モデルと主要科目の特長をご紹介いたします。

履修モデル

主要科目の特長

日本史部門

科目名 特長
日本史研究ⅠA・B 平安時代の政治と社会。平安時代に書かれた貴族の日記を主に取り上げ、律令国家とは異質な平安時代の一面を紹介していく。平安時代の貴族の生活や政治体制の基本を理解するとともに、当時の貴族が書き残したことばを解釈する力を身につける。
日本史演習ⅡA・B 中世古文書の講読。中世に書かれた様々な古文書を解読すると共に、多くの情報を駆使して、できるだけ正確に解釈し、かつそこから得られた情報を活用し、各自の研究に利用できるようにするとともに、研究の進展を図ることを目的とする。
日本史研究ⅢA・B 幕末期における「風説留」の研究。古文書の解読に慣れ、当時の村落上層民の情報収集活動の実態を明らかにする。幕末期における在地社会に残された「風説留」を分担を決めて報告形式で、解読し情報内容を検討し、近世社会の理解を深める。
日本史演習ⅣA・B 日本近代史の研究。近代日本研究の方法を学び、近代日本の政治・思想史に関する理解を深め、各自の研究の進展をはかる。また、近代日本史料(特に「くずし字」)の読解を学び、そうした史料を活用して、論理的に日本近代史を叙述し得る力を習得する。

東洋史部門

科目名 特長
アジア史研究入門A・B 博士前期課程の学生を中心に、文献の収集、史料のあり方などのアジア史研究の基礎的な手法について学ぶと同時に、近年研究課題として意識されることが多くなった「日本におけるアジア史の成立」に関しても史学史的な検討を加える。
アジア史における社会と国家研究A・B 中国やインド、東南アジア、イスラームなどのさまざまな歴史の中から、具体的な問題を取り上げ、その問題を従来のような政治史、経済史という枠組みからだけでなはく、社会と国家の関係という重層的な枠組みの中から検討する。
グローバル・アジア史研究A・B 中国やインド、東南アジア、イスラームなどのさまざまな歴史を、その地域的な展開のなかに位置づけると同時に、近年、研究課題として意識されることの多くなったグローバル・ヒストリーのなかに位置づけ、アジアと日本、アジアとヨーロッパなどの広域的なコンテクストのなかに位置づける。 

西洋史部門

科目名 特長
西洋古代史研究A・B 西洋の古代の歴史の中から、具体的な問題を取り上げ、史料講読と研究報告を実行し、史料の丹念な読解に取り組み、方法論的にも、政治史、経済史ばかりか、社会史や文化史の観点も取り入れ、重層的な枠組みの中から研究する。
西洋中世史研究A・B 西洋の中世の歴史の中から、具体的な問題を取り上げ、史料講読と研究報告を実行し、史料の丹念な読解に取り組み、方法論的にも、政治史、経済史ばかりか、社会史や文化史の観点も取り入れ、重層的な枠組みの中から研究する。
西洋近現代史研究ⅠA・B 西洋の近現代の歴史の中から、具体的な問題を取り上げ、史料講読と研究報告を実行し、方法論的に重層的アプローチで迫るとともに、地域的位置づけと同時にグローバル・ヒストリーの視点を取り入れ、アジアなどの広域的なコンテクストのなかに位置づける。
西洋政治史研究A・B イギリス、フランス、ドイツ、アメリカなどの西洋の歴史の中から、とくに政治史にかかわる問題を取り上げ、政治史の史料の丹念な読解に取り組み、近年の政治史関連の研究動向を追究し、自らの課題を探求して、研究報告を行う。
西洋文化史研究A・B イギリス、フランス、ドイツ、アメリカなどの西洋の歴史の中から、とくに文化史にかかわる問題を取り上げ、文化史の史料の丹念な読解に取り組み、近年の文化史関連の研究動向を追究し、自らの課題を探求して、研究報告を行う。

考古学部門

科目名 特長
日本考古学研究ⅠA・B 古代の日本と大陸の文化交流についての研究の状況を学んでもらう。特に現在ロシア科学アカデミー極東支部諸民族歴史学・考古学・民族学研究所と進めている共同研究、クラスキノ城跡を中心とした沿海州の渤海遺跡についての研究成果と発掘調査についての実情を学んでもらうことを通して、古代の日本と大陸の文化交流について理解してもらう。また、考古遺物の扱い方、海外での発掘の方法を体得してもらう。
日本考古学研究ⅡA・B 鎌倉を中心として、平泉・京都・博多など他の中世都市との比較を通して、当時の社会の成り立ちについて学んでもらう。各地の遺跡から出土する中国陶磁器を代表とする考古資料や絵画資料を用い、都市生活の実態を理解してもらうと同時に、これらの資料の扱い方についての知識を深めてもらう。
東洋考古学研究A・B 古代、とくに4~6世紀における日本列島と朝鮮半島、中国大陸との文化交流について、考古遺物を通して検討する。日本から大陸へ、大陸から日本へ渡った考古遺物を取り上げ、それらを通して当時の東アジア世界の中の日本の位置について考えていく。それと同時に、考古遺物の分析、解釈の方法を学び、理解を深めてもらう。


学部・大学院