メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学理工学部経営システム工学科の教育研究上の目的と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

経営システム工学科では実際に直面する問題に柔軟に対処でき、国際性に富み、かつ、高いコミュニケーション能力を有する人材、すなわち、産業や企業を支える生産・管理・経営に関する質の高いエンジニア・スペシャリストの育成を目的としている。それを達成するために、基礎的な理論と実践的な応用を重視し、授業に演習・実験・実習を積極的に取り入れる。また、技術・知識の急激な進歩に備えて、他学科との緊密な協力関係による関連領域の新知識・技術の獲得能力を高める教育を実施する。さらには、国内外の学術機関や企業との交流を積極的に推進する。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

経営システム工学科は、以下のような能力・意欲等を持った入学生を求める。

  1. 数学、理科、英語の基礎学力とコミュニケーションに必要な能力を有し、強い意欲をもって自主的に学習することができる人
  2. 経営システム工学の専門分野のみならず、幅広い学問領域に関心をもつ人
  3. 国際的な視野をもち、社会責任を自覚して自身の将来像を早期に描き、それに向かって努力できる人
  4. 授業、実験・実習、輪講やゼミにおける討論、研究活動、内外のイベントなど、何事にも協調性を持ちながら積極的に取り組む人

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

経営システム工学科の教育課程は、青山スタンダード科目と専門教育科目で構成される。

カリキュラム体系

本学科は、分析技術、モデル化技術、最適化技術の3つの技術分野を中心にして工学的な問題解決法と社会科学の知識を融合する技術、手法、システムの研究開発に関するカリキュラム体系をとっている。また、社会的要請を考慮して多くの改善・改革を実施している。企業や社会をより良く機能させるために役立つ管理技術と、システムの開発から実際の導入までをトータルに考察して実践するカリキュラム体系を提供している。

特色

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

経営システム工学科は、以下の要件を満たす学生に対し、「学士(工学)」を授与する。

  1. 経営システム工学の必修科目の単位を取得し、経営システム工学分野の基礎的な知識を身につけていること。
  2. 青山スタンダード科目、外国語科目、学科科目、自由選択科目の所定の単位を習得していること。なお自由選択科目は、青山スタンダード科目、外国語科目、学科科目、他学科科目、他学部科目からの選択となっている。
  3. 経営システム工学輪講および卒業研究の履修を通じて、研究に関する基礎的な学習および実践能力とプレゼンテーション能力、論文執筆能力を身につけていること。

FAQ学部についてよくあるご質問を掲載しております。



学部・大学院