メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学理工学部情報テクノロジー学科の教育研究上の目的と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

人類の幸福と福祉のために、情報という切り口から、社会に貢献し得る能力を備えたクリエイティブでアカウンタブルな人材を育成する。このために、情報システムの分析・設計・製作の基盤となる「ソフトウェアテクノロジー」、物と情報を統合する「メカトロニクステクノロジー」、人に優しいシステムの在り方を明らかにする「ヒューマンファクタテクノロジー」を教授する。なお、授業構成においては、演習・実験・実習を重視する。またこれらの技術的側面と並行し、情報システムのもたらす効用とリスクを認識させ、正しい判断を下せる倫理感を身につけさせる。さらに、最先端の情報テクノロジーの基礎と応用の研究を行うことによって、新たなる知と価値を創造できるように指導する。

3つのポリシー

ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

知識・技能

思考力・判断力・表現力

意欲・関心・態度

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

システム構築や、設計・開発演習による教育を通して、人の置かれた情報環境を継続的に改善する能力と責任を担いうる技術者・研究者を育成する教育プログラムを構築する。

1年次の授業科目では、基礎的素養として、コミュニケーション・ツールとしての英語、コンピュータ・リテラシー、システム分析およびプログラミングおよびシステム構築の基礎としての数学、システム開発の基礎として情報基礎知識の習得を重視する。

2年次の授業では、情報基礎として最も重要な計算機概論、ロボット工学、数理モデル解析法、ソフトウェア設計を必修科目として配置する。これらの科目はプログラミングおよびシステム演習と組み合わされ、講義と演習が対応するように行う。これによって、集中的に基礎的な学力を習得させる。

3年次では、情報テクノロジー実験および総合プログラミング実習を重点的に配置し、より実践的な基礎知識の素養を付けるとともに、他の専門科目では、本学科の教育目標である「情報テクノロジーを活用して社会貢献のできるエンジニアの育成」が達成できるように配置する。

4年次では、これらのカリキュラムの集大成として、各研究室において卒業研究を行う。

情報テクノロジーを次の4つの分野に大別する。学生自身が自分の進むべき道を熟考し、自らの意志と責任において履修計画を立てる。

分野1:ソフトウェアテクノロジー:
人工知能や自然言語処理などの、数理モデルを基にした基礎理論、構築・設計方法や評価技法について学ぶ。
分野2:メカトロニクステクノロジー:
ロボットに代表される現代的な機械システムおよび、創造的な利用技術を対象とし、生産現場や、社会生活での応用方法などについて学ぶ。
分野3:ヒューマンファクタテクノロジー:
人間工学や福祉の観点からの、工学的問題解決の実践的技術と研究倫理および、セキュリティについて学ぶ。
分野4:ネットワークテクノロジー:
WebやIoTなどの現代のWeb関連技術の基礎からネットワークの最先端の応用技術を対象とし、社会に広く利用されているWebアプリケーションの安全な利用や効率的な運用方法などについて学ぶ。

上記に平行して、ラボワーク、情報テクノロジー体験演習、総合プログラミング演習、情報テクノロジー実験、図形情報科学演習など、演習、実験、実習科目を配置する。これらの科目は、実践を通じて統合と解決の能力を育てる。

卒業研究では、理論と実践のバランスの取れた研究を勧め、発生事象やユーザのフィードバックを重視する。プログラミング、システム構築、Webシステム開発などの実践的研究手法と、インターネット情報の大量の情報の分析、および、それらを基にした適切なシステム設計の各段階を意識できる「情報テクノロジーを活用して社会貢献のできるエンジニアの育成」を目指す。

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

知識・技能

思考力・判断力・表現力

意欲・関心・態度

FAQ学部についてよくあるご質問を掲載しております。



学部・大学院