メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学理工学部情報テクノロジー学科の教育研究上の目的と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

人類の幸福と福祉のために、情報という切り口から、社会に貢献し得る能力を備えたクリエイティブでアカウンタブルな人材を育成する。このために、情報システムの分析・設計・製作の基盤となる「ソフトウェアテクノロジー」、物と情報を統合する「メカトロニクステクノロジー」、人に優しいシステムの在り方を明らかにする「ヒューマンファクタテクノロジー」を教授する。なお、授業構成においては、演習・実験・実習を重視する。またこれらの技術的側面と並行し、情報システムのもたらす効用とリスクを認識させ、正しい判断を下せる倫理感を身につけさせる。さらに、最先端の情報テクノロジーの基礎と応用の研究を行うことによって、新たなる知と価値を創造できるように指導する。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

情報テクノロジー学科は、以下のような能力・意欲等を持った入学生を求める。

  1. 21世紀の社会動向を読み、自ら積極的に困難な課題に挑戦し、情報テクノロジーを十分に活用して社会に貢献しようとする人
  2. 広い視野と公正な判断力を獲得するため、情報テクノロジー関連の専門分野に加え、幅広い学問領域(キリスト教、人間社会、自然、歴史など)について学ぶ意欲のある人
  3. 専門分野を学ぶ上で必要な、数学、物理学、英語等の基礎学力を有する人
  4. 授業における討論、研究室での輪講、学内の各種イベントなど、何事にも協調性を持ちながら積極的に取り組む人

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

情報テクノロジー学科の教育課程は、青山スタンダード科目と専門教育科目で構成される。

カリキュラム体系

1年次では青山スタンダード科目の履修を通じて理数系および人文系の一般教養を身につけさせ、特に英語は10単位を課している。専門科目に関しては、講義科目の情報数学とノートPCを用いた実際的な体験演習により、理論と実践の双方から情報テクノロジーに親しめるようにしている。2年次以降は、専門科目を必修度の高さに応じて4つの科目群に分け、その中から学生が主体的に科目を選択できるように配置している。本学科では、2,3年次に多数の演習・実習科目を必修もしくは選択必修として課しており、講義科目で学んだ理論を具体的に問題解決に適用し、システムを構築する能力の育成を重視している。専門領域のみならず学際・境界領域への幅広い視野を身に付けられるようにしている。また、「理工学国際プログラム」においては、当学科は英語による専門科目、テキストや資料を英語で記述した専門科目を配置し、学生のグローバル対応能力を養うことにしている。
4年次では原則として学科内の各研究室に所属して卒業研究を行うが、3年次に「理工学高度実践プログラム」を履修申請し承認された場合は、より実践的な開発研究を行う「理工学高度実践研究」を行うこともできる。

特色

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

情報テクノロジー学科は、以下の要件を満たす学生に対し、「学士(工学)」を授与する。

  1. 情報テクノロジー学科の必修科目の単位を取得し、情報テクノロジー分野の基礎的な知識を身につけていること。
  2. 「メカトロニクステクノロジー」「ソフトウェアテクノロジー」「ヒューマンファクタテクノロジー」「ネットワークテクノロジー」の4つの応用領域のうちの1つ以上においてより進んだ専門知識を持ち、活用できること。
  3. 講義科目に関連した実験科目を履修し、専門知識の実践に関する能力を身につけていること。
  4. 輪講および卒業研究の履修を通じて、研究に関する基礎的な学習および実践能力とプレゼンテーション能力、論文執筆能力を身につけていること。

FAQ学部についてよくあるご質問を掲載しております。



学部・大学院