メインコンテンツへ

法学部

AOYAMA LAWの「法学」を通して「生活」を構想する。
法の知識と思考技術を、社会に活かす“智恵”へと高める。

社会の様々な場面で起こる不正や犯罪、紛争ばかりでなく、企業の公正な取引、知的財産権の保護、人権や雇用の問題、環境や福祉が直面する問題解決のための法整備など、個人間、企業間のトラブルから社会のルールづくりまで、「法学」の対象は世の中のありとあらゆる領域にわたります。「法学」は一見、堅苦しい学問に思われがちですが、実は、私たちの「生活」に直結した極めて人間的な学問です。そして、そこに求められるのは、立場の異なる当事者それぞれの身になって誠実に考え、公正で客観的な判断を下すことのできる法的思考・リーガルマインドです。

AOYAMA LAWの通称をもつ本学法学部は、弁護士、検察官、裁判官などの法曹を目指す者だけでなく、青山学院の建学の精神に立脚しつつ、人間的素養と法学的基礎を備えて社会の多様なニーズを識別し、複雑な事象の科学的分析を行える応用力を身につけて、社会で必要とされる能力を発揮して自らの道を切り拓くことができる人材を育成します。そして、この人材育成のプロセスを通じて、法的な課題・紛争を客観的に分析して的確かつ公正な判断を行うだけでなく、その判断と理由について他者と理解を共有し、課題・紛争を解決に導くことのできる能力の養成を重視しています。

AOYAMA LAWの教員は、理論志向から実務志向、国内法から外国法、基礎研究から先端・応用研究まで個性豊か。法解釈、判例研究、フィールドワークなどを通して、社会の公正な発展に役立てる“智恵”を皆さんに伝授します。「法」を取り巻く環境の変化は、政治、経済、社会、文化など「生活」を取り巻く環境の変化そのものであり、「法学」を学ぶことには時代の先端を見つめていく醍醐味があります。「生活」をめぐって起こる事象に広く関心をもち、「生活」の未来を「法学」というレンズを通して描き出していきましょう。

法学部 基本情報

学部長

大石 泰彦
法学部長あいさつ

教員

教員紹介 (2016年4月1日現在)

就学キャンパス

青山キャンパス

学生数

男子:1,189名 女子:949名 (2016年5月1日現在)

法学部サイト

法学部サイトのイメージ

法学部サイトでは、法学部の「学部概要」「学科の詳細情報」「最新パンフレット」「入試説明会情報」「専任教員・スタッフ紹介」などを掲載しております。

法学部 学科一覧

法学科

法学部法学科の学生は卒業までに、法に関わる広い知識とともに、法律、企業法務、公共政策など各自の興味に応じた専門性を身につけていきます。

法学部の特色

AOYAMA LAWは、公正で客観的な判断を下すことのできる法的思考・リーガル・マインドを磨いて、弁護士、検察官、裁判官といった法曹だけではなく、社会のさまざまな方面で活躍するためのトレーニングに最適な場です。

4コース制

AOYAMA LAWには、卒業後の進路を計画的に選択するために、「ビジネス法コース」「公共政策コース」「司法コース」「ヒューマン・ライツコース」という4つのコースが設置されています。

「ビジネス法コース」は、ビジネスを法的側面から理解することを目指すコースです。具体的には、導入科目として、「ビジネス法入門」や「法と経済」といった基礎的な科目を学び、ビジネスや経済が法とどのような形で結びつくのかを理解した後、「銀行取引法」や「国際取引法」「金融商品取引法」など、ビジネスの現場で用いられる専門的な法分野を学んでいきます。

「公共政策コース」では、公務員・NPO職員、ジャーナリストなど様々な領域で「公共」を担う人材の育成を目指します。このコースでは導入科目として「公共政策と法」が設置されており、その後「行政法」についても詳しく学んでいきます。この前提のもとで、「立法学」や「政治過程論」などの立法に関する科目や「行政学」などの行政に関する科目を学びます。

「司法コース」は、司法試験等の受験に必要な法律科目を勉強するためだけではなく、法律の専門科目の修得と同時に本学の法務研究科(法科大学院)とも連携し、法曹になるための基礎知識や方法論を学びます。加えて、実際に司法の現場で活躍する方々を外部講師として招聘するなど「現場の声」を聴き、司法における理論と実務を同時並行的に学習することを目指しています。

「ヒューマン・ライツコース」は、人々が生活するうえで欠かすことができない「人権」を様々な観点から学んでいくことを目的としています。導入科目として「ヒューマン・ライツの現場」という科目が用意されており、人権保障がどのような形でなされているか、どのような人権保障の問題があるのかについて「現場」の観点から学びます。そのうえで、「人権調査論」などの現場における方法論を学ぶ科目や、「国際人権法」などのグローバル社会を意識した法分野を学んでいきます。

多彩な教授陣

AOYAMA LAWの専任教員は、非常に多種多様な研究を行っているという点に特徴があります。テーマの多様性だけではなく、理論志向から実務志向、国内法から外国法、基礎研究から先端・応用研究等、様々な研究関心が見られます。このような点は、教員紹介の研究テーマをご覧いただければご理解いただけると思います。

FAQ学部についてよくあるご質問を掲載しております。



学部・大学院