メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学文学部日本文学科の教育研究上の目的と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

日本文学科は、日本文学・日本語学・日本語教育学、及び中国古典文学に関する専門の学術研究の方法を学ばせることを基盤に据え、自らが考え、学ぶことのできる力を身につけさせ、国際的・学際的な視野に立った普遍的な人格、堅実な社会人たる人材の育成を目的としている。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

日本語・日本文学について幅広い知識と深い理解力を身につけるとともに、国際的視野に立って日本文化を位置づけることのできる人材の育成をめざす日本文学科は、日本語・日本文学に対して深い関心を持ち、その理解と研究を通じて人間の真実を探究し、社会に貢献しようとする高い意欲を持った入学生を求める。 入学生には、以下のような知識や能力などを求める。

  1. 高等学校の教育課程に真面目に取り組み、高等学校で学ぶ科目について必要な知識と理解力を身につけている。特に国語について深い関心を持ち、高い文章読解力と文章表現力を有している。
  2. 本学科では、日本語・日本文学を歴史的に学ぶため、歴史や社会についても関心を持ち、基礎的な知識を身につけていることが望まれる。
  3. 授業を理解し、情報収集・読解・分析・発表・討論などを行うために、日本語の読解・聞き取り・表現・会話などの能力を十分に有している。
  4. 情報や知識を総合的に捉える論理的思考力と、日本語文献や文学作品などが表現するものを素直に受け止められる感性を有している。
  5. 自分自身で調べ、考える力を持ち、自分から学ぶことの大切さと面白さを知っている。
  6. 多様な文化に対して開かれた心を持ち、異なる文化的背景や生活体験を持つ人々を理解し、それらの人々とともに積極的に社会に貢献できる素地がある。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

日本文学科の教育課程は、青山スタンダード科目と専門教育科目で構成される。

カリキュラム体系

本学科では、単なる知識の寄せ集めとしてではなく、総合的に日本語・日本文学を理解・研究し、これを通じて普遍的な人間性を探究することを方針に、カリキュラムを組み立てている。幅広く日本語・日本文学を学びながら、学年が進むにつれて専門的な研究テーマを深めてゆく流れとなっている。3年次からは、「日本文学コース」「日本語・日本語教育コース」の2コースに分かれ、それぞれに専門的な科目を履修するようになる。
1・2年次には、学科全体の必修科目「文学研究法」「日本文学史」などの専門教育科目において、本学科での学びの目的を自覚しその方法を習得するとともに、青山スタンダード科目において幅広い知識を身につける。3・4年次には、専門教育科目の講義科目において専門的な知識を蓄え、演習科目において専門的なテーマに関する情報収集・読解・分析・発表・討論を行って、感性を磨くとともに論理的思考力・問題解決力・表現力を高める。また文学部共通科目において、世界の言語・文学・文化についての多様な視点を学ぶ。4年次には本学科での学びの総決算として卒業論文を作成する。

特色

本学科では、古代から現代までの日本文学、漢文学、日本語学、日本語教育と、日本語・日本文学に関わる全ての領域に亙る専門教育科目を配置している。またどちらのコースを選択した場合でも、日本語教育課程の科目を履修することができるようになっている。専門教育科目では、オーソドックスな研究方法を通じて着実に論理的思考力・問題解決力・表現力を高めるとともに、視聴覚芸術やメディアなどを論じる「表象文化論」も配置し、芸術と社会に対する関心を深め、問題発見力を育成している。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

日本文学科は、4年以上(ただし8年を限度とする)在学し、卒業に必要な科目を履修し、単位数(合計126単位以上)を修得し、本学科の教育目標に到達した、以下の要件を満たす学生に対して、「学士(文学)」を授与する。

  1. 日本語・日本文学(および漢文学)に関する基本的な知識を総合的体系的に習得し、それを通じて手に入れた幅広い視野に立って、日本の言語・文学・文化を世界の中で見渡すことができる。
  2. 日本語・日本文学(および漢文学)に関する総合的体系的知識の持つ意味を、自分自身、そして人間社会と関連づけて理解できる。
  3. 卒業後の社会生活においても必要な情報リテラシー、論理的思考力、問題発見力・解決力を身につけている。特に本学科の学生としては、高い日本語能力(なかでも文章表現力)、豊かな感性を求める。
  4. 自己管理力を有するとともに、他者に共感し、他者と協働して行動できる。
  5. 高い倫理観と、社会の一員としての強い自覚を持ち、本学科で身につけた、自ら問題を発見し解決する知恵と力をもって、積極的に社会に貢献できる。

FAQ学部についてよくあるご質問を掲載しております。



学部・大学院