メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学大学院文学研究科史学専攻の教育研究上の目的と教育方針と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

史学専攻では、歴史研究を通して自己を確立し、複雑な現在の世界情勢を客観的に分析する力を培うことで、研究職や教育職等、社会に貢献できる高度専門職の人材を養成することを目的とする。博士前期課程では、専門分野について深く広い学識を修得し高度の研究能力を養い、博士後期課程では、専門領域における独創的研究によって従来の学術水準に新しい知見を加え、文化の進展に寄与するとともに、専門分野に関する研究指導の能力を養成することを主要目的とする。

博士前期課程 3つのポリシー

ディプロマポリシー(修了認定・学位授与の方針)

知識・技能

思考力・判断力・表現力

意欲・関心・態度

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

知識・技能

思考力・判断力・表現力

意欲・関心・態度

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

知識・技能

思考力・判断力・表現力

意欲・関心・態度

博士後期課程 3つのポリシー

ディプロマポリシー(修了認定・学位授与の方針)

知識・技能

思考力・判断力・表現力

意欲・関心・態度

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

知識・技能

思考力・判断力・表現力

意欲・関心・態度

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

知識・技能

思考力・判断力・表現力

意欲・関心・態度

学部・大学院