メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学大学院文学研究科史学専攻の教育研究上の目的と教育方針と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

史学専攻では、歴史研究を通して自己を確立し、複雑な現在の世界情勢を客観的に分析する力を培うことで、研究職や教育職等、社会に貢献できる高度専門職の人材を養成することを目的とする。博士前期課程では、専門分野について深く広い学識を修得し高度の研究能力を養い、博士後期課程では、専門領域における独創的研究によって従来の学術水準に新しい知見を加え、文化の進展に寄与するとともに、専門分野に関する研究指導の能力を養成することを主要目的とする。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

史学専攻は、以下のような能力・意欲等を持った歴史学への関心をもつ入学者を求める。

  1. 各地域や時代のさまざまな歴史的問題や考古学、芸術学的な問題にふかい関心を持つ。
  2. 現代社会のあり方や文化的な多様性を的確に理解し、歴史学的な手法の習得や研究を通じて個々の資質を高める。
  3. 以上を通じてひろく社会に貢献することに積極的である。
  4. なお、本専攻の博士前期課程では、一般入試と同時に社会人入試を実施し、多様な背景をもつ学生を積極的に受け入れている。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

博士前期課程

カリキュラム体系

カリキュラムの基本構造は、日本史、東洋史、西洋史、考古学および芸術史の各専門分野から構成されている。

特色

史学専攻では、最先端の研究を踏まえ、少人数教育によるきめ細かな指導を行うとともに、歴史学的な手法の基礎である史料批判やフィールドワークなどを取り入れたカリキュラムを組み立てている。また、高度な専門的知識を有し、学際的かつ国際的視野を養うことを方針に、コースごとに専門科目を配置し、同時代や他地域の学問的な知見をはばひろく学ぶことが可能になるような複線的なカリキュラム配置を行っている。同時に、学部との連携を強化し、学部学生が大学院の授業に参加できる制度(大学院科目特別履修生制度)や修士学位申請論文にかわる特定の課題についての研究の成果によって学位授与を行う制度を導入している。

博士後期課程

カリキュラム体系

カリキュラムの基本構造は、日本史、東洋史、西洋史、考古学および芸術史の各専門分野から構成されているが、博士後期課程は学位論文の執筆、その指導を中心としている。

特色

博士前期課程と同様に、最先端の研究を踏まえた少人数教育によって、高度な専門的知識と学際的かつ国際的視野を養い、学位論文を作成する。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

博士前期課程

史学専攻は、以下の要件を満たす学生に対し、「修士(歴史学)」を授与する。

  1. 世界の各時代や各地域でおきたさまざまな歴史的問題について、みずから問題を発見し、史資料の解釈能力やフィールドワークの能力を発揮して研究論文を執筆する。
  2. 深い学識と歴史学的な研究方法を基礎として、精密な史資料の運用によって、研究論文を執筆する。

博士後期課程

史学専攻は、以下の要件を満たす学生に対し、「博士(歴史学)」を授与する。

  1. 修士論文などの成果を基礎として、博士論文においても世界の各時代や各地域でおきたさまざまな歴史的問題について、みずから問題を発見し、史資料の解釈能力やフィールドワークの能力を発揮して研究論文を執筆する。
  2. 新たな研究領域を開拓し、国際的学際的な視野に立って学問を発展させることのできる高度な研究能力を身につけ、博士論文の執筆によって新たな知見をそれぞれの学問領域に提起する。


学部・大学院