メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学経営学部経営学科の教育研究上の目的と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

経営学科は、正統的なマネジメント教育を行うことで、現代企業が直面する経営課題に対して、自ら問いを立て、問題解決への筋道をつけ、意思決定できる自助力ある人材の育成を目的とする。また、経営学科ならびにマーケティング学科の補完性によってより高い教育研究体系を構築する。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

経営学科は、以下のような能力・意欲等を持った入学生を求める。

  1. 経営現象に係わる多方面にわたる専門知識を修得する能力がある。
  2. 経営学科で修得したものを、すべての人と社会のために役立てる意欲がある。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

経営学科の教育課程は、青山スタンダード科目と専門教育科目で構成される。

カリキュラム体系

専門基礎科目及び共通専門科目を土台として、経営学の基本的な視点・知識ならびに地球を舞台にして活躍するために欠かすことのできない語学力を習得する。その上で、正統的な経営学ならびに会計学を体系的に身につける。そして、演習によって実証的・実践的な能力を高めると共に、青山スタンダード科目によってそれらを補完する。
また、経営学部の外国語教育の方針は、(1)発信型の外国語能力を身につけること、(2)1・2年次に履修した外国語を使って3・4年次に上級の能力を身につけること、ができるようにすることである。

特色

経営学科とマーケティング学科は、一定の枠内で相互の科目を履修できる。ただし、それぞれの学科学生が、所属学科の教育研究の理念に合った科目を履修できるように配慮する。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

経営学科は、以下の要件を満たす学生に対し、「学士(経営学)」を授与する。

  1. キリスト教理念にもとづき、真理を謙虚に追求し、すべての人と社会に対するヒューマニティあふれる責任を果たすことができる。
  2. 変化する国際情勢や経済社会の動向に関心を持ち、それらの動きを適切に理解し、分析するための経営学ならびに会計学の基礎理論を習得しているとともに、関連するマーケティングの基礎理論を理解している。
  3. 各界のリーダーやプロフェッショナルとして活躍するために不可欠となる専門知識や技能を身につけている。
  4. 世界を舞台にして活躍するために欠かすことのできない外国語、とりわけ英語能力、そしてビジネスに不可欠な情報処理能力を身につけている。
  5. 文化の異なる人々とのコミュニケーションを円滑に行い得る能力を身につけている。

FAQ学部についてよくあるご質問を掲載しております。



学部・大学院