メインコンテンツへ

履修モデル・主要科目の特長

理工学研究科理工学専攻化学コースの履修モデルと主要科目の特長をご紹介いたします。

履修モデル

主要科目の特長

博士前期課程

科目名 特長
光化学特論 光化学における基礎を学ぶとともに、原子や分子に関する造詣を深める。光は原子・分子と相互作用する。その光のエネルギーを研究することによって、原子や分子の情報を読み取ることができる。本講義では、光化学の基礎すなわち光と分子の相互作用の理解からスタートし、先端科学における光の応用まで触れる。
錯体の材料科学特論 錯体を材料としてとらえる時の基盤的知識を習得する。錯体は金属と有機物から成り立つが、それらそれぞれの性質とは全く異なる新たな性質をもつ。この講義ではトピックスを交え、錯体の性質に軸をおいた講義を行う。
量子化学特論 最新の機能性分子材料の開発には高速コンピュータを用いた計算機化学の導入が必須であるため、講義では、実際の研究に電子状態理論を使えるようにするために、理論を修得し、電子相関を取り入れた多電子波動関数の導出について考える。


学部・大学院