メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学経済学部現代経済デザイン学科の教育研究上の目的と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

現代経済デザイン学科は、経済学の英知のもと、公共部門と国際・地域社会の役割や相互関連性を理解し、現代経済を取り巻く諸問題を発見する能力、分析する能力、解決に向けて政策を立案する能力など、実践力に裏付けられた社会デザイン志向型の人材を育てる。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

現代経済デザイン学科は、以下のような能力・意欲等を持った入学生を求める。

  1. 学部・学科の目的を理解していること。
  2. 公共性と地域性の視点から経済学を学習する意欲を持っていること。
  3. 経済や政策に対する応用力や実践力を身につけたいという意欲を持っていること。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

現代経済デザイン学科の教育課程は、青山スタンダード科目と専門教育科目で構成される。特に、本学科の専門教育に関するカリキュラム体系と特色は次の通りである。

カリキュラム体系

本学科では、公共の理念のもとに、社会経済を取り巻く具体的な諸問題を探究し、解決策を提案できる力を養うため、マトリックス型の教育プログラムを実践している。基礎科目(1・2年次)、専門科目(3・4年次)からなるカリキュラムに、各学年で必修のコア科目を配置している。公共経済学と地域経済学の二つを柱とした系統的な科目群と演習・実習科目が、互いに関連性と統一性をもって配置され、段階的に専門知識を深めることができる。

特色

「公共コース」か「地域コース」を選択して、どちらかのコースで専門的に科目を履修する。なお、各コースを包含する形でGIS(地理情報システム)による空間分析も学習することができる。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

現代経済デザイン学科は、以下の要件を満たす学生に対し、「学士(経済学)」を授与する。

  1. 経済学の英知のもと、公共部門と国際・地域社会の役割や相互関連性を理解している学生。
  2. 現代経済を取り巻く諸問題を発見する能力、分析する能力、解決に向けて政策を立案する能力など、実践力に裏付けられた社会デザイン志向型の学生。

FAQ学部についてよくあるご質問を掲載しております。



学部・大学院