TOP

学びの特色とカリキュラム

学びの特色とカリキュラム

学びの特色

経済学の土台作りを目的とした科目(ミクロ経済学・マクロ経済学)を必修科目として初年次に配置する。更に、専門科目の学びを段階的に概観できるよう、専攻科目の導入のための基礎科目を選択必修科目として並行して配置する。系統的に分類した3コースをガイドラインとして、各学生は自身の興味や関心に沿った学問領域を2年次以降に自由に選択できるようにする。

1年次 2年次 3年次 4年次
第1セメスター 第2セメスター 第3セメスター 第4セメスター 第5セメスター 第6セメスター 第7セメスター 第8セメスター
A群
基礎科目
専群(専門科目)・演習
[理論・数量]コース
[応用経済]
コース
[歴史・思想]コース
C群(専門科目)
[理論・数量]コース
[応用経済]
コース
[歴史・思想]コース
演習等
D群
関連科目
学問領域を系統的に分類した3つのコース
  • [理論・数量]コース

    現実に起きるさまざまな経済現象を理論的に分析したり、GDPなど各種の経済データを数量的に解析し検証、経済の実態を探ります。

  • [応用経済]コース

    経済問題を理論的・実証的に分析する方法を習得し、金融、産業、財政、貿易、社会保障、労働、環境などの問題への対応策を探ります。

  • [歴史・思想]コース

    経済の諸問題の原因を解明するとともに、現在までの経済の成り立ちや諸制度の具体的内容と実態、過去の経済学者たちの思想などを歴史的背景をふまえて理解します。

カリキュラム

専門科目 基礎科目 専攻科目 大学院連携科目
コース A群 B群 C群
配置年次 1年 2年 3年 4年
理論 ・ 数量 理論で考える ミクロ経済学
マクロ経済学
経済学入門
経済数学入門Ⅰ・Ⅱ
統計学概論Ⅰ・Ⅱ
経済史概論Ⅰ・Ⅱ
ゲーム理論
行動経済学
厚生経済学
初学者のためのゲーム理論
経済動学Ⅰ
マクロ政策論Ⅰ
経済動学Ⅱ
マクロ政策論Ⅱ
応用ゲーム理論
不確実性と情報の経済学
公共経済学
中級ミクロ経済学
契約の経済学
法と経済学
マーケット・デザイン
中級マクロ経済学
オープンマクロ経済学Ⅰ・Ⅱ
コアミクロ経済学特論
コアマクロ経済学特論
理論特論A・B
 統計・情報で考える 数理統計Ⅰ・Ⅱ
計量経済学Ⅰ・Ⅱ
経済情報処理Ⅰ・Ⅱ(前期集中)
データサイエンスⅠ・Ⅱ(前期集中)
経済数学Ⅰ・Ⅱ(前期集中)
経済統計Ⅰ・Ⅱ(後期集中)
情報・統計特論A・B
応用経済 応用ミクロで考える 国際経済学 Ⅰ・ Ⅱ(前期集中)
各国経済論AⅠ・Ⅱ
各国経済論BⅠ・Ⅱ
日本経済論Ⅰ・Ⅱ
実証的労働経済学Ⅰ・Ⅱ
世界経済論Ⅰ・Ⅱ
産業組織論Ⅰ・Ⅱ
産業特論
金融を考える 金融論Ⅰ・Ⅱ
ファイナンス論基礎
ファイナンス論
金融システム論
金融政策論
ファイナンス市場分析
金融リスク管理
国際金融論Ⅰ・Ⅱ
金融特論
公共政策を考える 経済政策論Ⅰ・Ⅱ
財政学基礎
財政学Ⅰ・Ⅱ
公共政策論Ⅰ・Ⅱ
租税の経済学Ⅰ・Ⅱ
地方財政の経済学Ⅰ・Ⅱ
農業経済学Ⅰ・ Ⅱ(後期集中)
環境経済学Ⅰ・ Ⅱ(後期集中)
政策特論A
制度を考える 社会政策基礎
制度経済学
労働経済基礎
社会政策論Ⅰ・Ⅱ
社会保障論Ⅰ・Ⅱ
NPO論A・B
雇用制度と労使関係
労働経済論Ⅰ・Ⅱ
生活経済論
アメリカ経済社会論
政策特論B
歴史・思想 歴史を考える 日本経済史Ⅰ・Ⅱ
欧米経済史Ⅰ・Ⅱ
東洋経済史Ⅰ・Ⅱ
現代日本経済史Ⅰ・Ⅱ
現代欧米経済史Ⅰ・Ⅱ
経済史特論A
経済史特論B
思想を考える キリスト教社会思想史Ⅰ・Ⅱ
経済学史Ⅰ・Ⅱ(前期集中)
経済思想史Ⅰ・Ⅱ(後期集中) 経済学史特論
演習等 ビジネスコミュニケーション

Academic Writing

演習 演習・卒論