メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学大学院理工学研究科理工学専攻基礎科学コースの教育研究上の目的と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

数理科学、理論物理学、宇宙物理学、原子・分子物理学の分野を中心とし、複雑系など新分野へも視野を広げる。また、専門分野の研究を通じて、様々な問題に対するモデル構築能力、および問題解決能力を身につける。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

基礎科学コースは、以下のような能力・意欲等を持った入学生を求める。

  1. 数理科学あるいは物理学関連の専門分野における確たる基礎力を有すること。
  2. 数理科学あるいは物理学関連の専門分野における確たる基礎力を深め、社会に貢献する技術者、教員、研究者などになるための奥行きのある幅広い知識を得る努力が出来ること。
  3. 技術者、教員、研究者などとして、社会と科学および技術との関係に強い関心を持ち、かつ高い倫理観を身につけることに意欲のあること。
  4. 博士後期課程においては、博士前期課程において数理科学あるいは物理学関連の高度な専門知識を獲得し、数理科学あるいは物理学分野の研究者として高い研究遂行能力を身につけていること。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

博士前期課程

カリキュラム体系
特色

理科あるいは数学の高等学校専修教員免許が取得できるよう、必要な科目が配置されている。

博士後期課程

カリキュラム体系
特色

この分野では国際的に最先端の研究と博士論文における研究との乖離を発生させないことが重要であり、指導教員との緊密な討議を行うばかりでなく、国際的な共同研究プロジェクトに参加させたり、国内、国外の研究集会に積極的に参加させるよう努力している。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

博士前期課程

基礎科学コースは、以下の要件を満たし、修士論文を提出した博士前期課程学生に対し、「修士(理学)」を授与する。

専門フロンティアプログラム
  1. 物理学あるいは数理科学の分野を深く習得していること。
  2. 技術者、科学者、教員などの専門分野においてそれらの知識を活用できる能力を身に付けていること。
複合フロンティアプログラム
  1. 物理学あるいは数理科学と社会との関連についての幅広い知識を習得していること。
  2. 経済界やジャーナリズムなど、幅広い分野において物理学あるいは数理科学の知識を活用できる能力を身に付けていること。

博士後期課程

基礎科学コースは、以下の要件を満たす博士後期課程学生あるいは社会人であって、博士論文を提出した者に対し、「博士(理学)」を授与する。

  1. 物理学あるいは数理科学の分野を深く習得していること。
  2. 物理学あるいは数理科学の分野において専門的な業績をあげていること。
  3. 物理学あるいは数理科学の分野において独立した研究者として研究を続ける事ができる能力をもつこと。
  4. その能力および学識を社会に正しく還元できる見識をもつこと。


学部・大学院