TOP

機械創造工学科

DEPARTMENT OF METHANICAL ENGINEERING

SAGAMIHARA CAMPUS

21世紀を支える"ものづくり"とは?
ハードとソフトの知を結集し、可能性を拡げよう

MOVIES 動画で知る機械創造工学科

  • 機械創造工学科 学科紹介ムービー
  • 麓 耕二教授 熱流体工学入門
  • 横田 和彦教授 研究室紹介

PICK UP LECTURES 授業紹介

機械創造工学体験演習

機械工学とはどの様な学問で、何を学び、どの様な基礎知識を身に付け、どの様にその知識を役立てるかなどについて、実際の体験を通して自らの手を使い、頭で考えることで機械工学の基礎を学習します。また実験・解析の整理に必要なExcelや、レポート作成に必要なWordなどのコンピュータソフトウェアの使い方、更にはレポート作成法などを学び、実際にレポートを作成します。

ものづくり実習

企画→設計→製作→組立→検査を体験する事で、ものづくり流れや過程を修得します。また、ものづくりの面白さと難しさ、ものの品質と掛かる時間などの相反する事象や、実際のものづくりに潜む危険などを経験します。

機械技術と社会

機械技術については、平均寿命を向上させ、生活を便利にするなどの正の効用がある反面、公害やエネルギー問題など負の効用が語られる事もあります。更には、汚染物処理や省エネルギー・新エネルギー開発など、生じた問題を解決するのもまた機械技術です。この講義では、教員3名と、数名の社会人技術者を加えて、機械技術と社会の関わりについて、様々な視点から講義します。

機械設計製図

渦巻ポンプの設計し、図面を製図します。設計要件を満たすのみでなく、競合他社製品に対して競争力のある製品設計を念頭に置きます。また、一連の技術を、実作業を通じて設計・製図に関する知識・技能を習得します。この技術は機械関係の業務に携わる場合、設計部門だけでなく製造、品質管理、サービス技術、営業など全ての部門で応用できるものです。

ラボ・ワーク

卒業研究に先んじて、2年生または3年生で履修可能な「研究」ができる科目です。通例の科目では「既知」の知識体系を学習しますが、研究では「未知」の事象を扱います。この為、自主学習、オリジナルな思考、ユニークな発想などが求められます。逆に言えば、これらの負荷によって、独創性・創造性を養成できます。

LABORATORIES 研究室紹介

超音波光学研究室(長 秀雄研究室)

長秀雄研究室では、光と超音波を用いて材料内部の損傷や材料の特性について、材料を壊すことなく非破壊で評価する技術を開発しています。光ではレーザや光ファイバを用いて新しい超音波センサを独自に開発しており、橋や石油貯蔵タンクなどの大型構造物の健全性の評価を行っています。また、超音波を利用して様々な部品や材料の特性を評価する独自のシステムの構築を行っています。これらの技術を通じて安全・安心の社会に貢献したいと思っています。

ジェット推進研究室(横田 和彦研究室)

水を代表とする流体は周囲の状況に応じて様々な形態に変化でき、その結果、想定外の振動を生じることがあります。タコマ海峡大橋崩落、高速増殖炉もんじゅ温度計破壊、HⅡロケット8号機エンジン停止などの重大な事故は、その時点では未知であった流体振動により引き起こされました。当研究室では、様々な流体振動について、実験、理論解析、数値計算などによる研究で、事故を予測、回避することを目指しています。

知技能ロボティクス研究室(田崎 良佑研究室)

ロボットの研究では人間自体を考え・問い・よく科学します。知能と技能をもつ機械を私たちの学びの良きパートナーと捉えて、人間を探求して自身を賢くする研究を実践します。人の作業・行動や物理現象の視触力覚計測・情報処理・システム論的理解・タスク知識を活かしたロボットの動作制御に関する研究を進めています。次世代生産プロセス、ヒトの運動能力アシストシステム、医療介護リハビリ向け支援などを対象とした知技能ロボットを実社会に応用する実践的研究です。