メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学大学院文学研究科英米文学専攻の教育研究上の目的と教育方針と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

英米文学専攻では、英語圏の言語・文学の同時代的かつ歴史的な専門研究を行い、人文学の伝統的な 教養と批判精神を身につけて社会に貢献するとともに、国際社会にも寄与できる人材の育成を目的とする。博士課程前後期を通じて国際的レベルでの研究を志向 し、専門の研究者を養成すると同時に、国内の種々の局面でハイレベルの英語教育にも貢献できる人材を養成することを目指す。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

英米文学専攻は、以下のような能力・意欲等を持った入学生を求める。

  1. 英語圏の言語・文学の同時代的かつ歴史的な研究を行い、人文学の伝統的な教養と批判精神を身につけて社会に貢献するとともに、国際社会にも貢献する意欲のある学生。
  2. 博士前期課程、後期課程とも国際的レベルでの研究を志向し、その研究者となると同時に、国内の種々の局面でハイレベルな英語教育に貢献する意欲のある学生。
  3. 博士前期課程では、1.及び2.を満たす社会人。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

博士前期課程・博士後期課程

カリキュラム体系

専門科目の年次配置は行わず、学生の関心に柔軟に対応して、バランスよく履修できるように科目配置を工夫している。博士前期課程では「専攻分野における研究能力または高度な専門性の能力を養う」という目標に立脚して、幅広い知識と専門性を高めることに重点を置いている。

特色

演習と講義を組み合わせ、理論と実践能力を磨きながら、英米文学・語学及びその関連分野の知識の習得を目指す。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

博士前期課程

英米文学専攻は、以下の要件を満たす学生に対し、「修士(文学)」を授与する。

  1. 博士前期課程の学生であり、英語の確かな運用能力(読む力、書く力、聴きとる力、話す力)を身につけていること。
  2. 専門的な分野、つまり英文学、米文学、英語学、英語教育学、コミュニケーションにおける幅広い知識を得ていること。
  3. 専門的な内容の論文執筆の指導を受け、修士論文等を執筆し、その審査に合格すること。

博士後期課程

英米文学専攻は、以下の要件を満たす学生に対し、「博士(文学)」又は「博士(学術)」を授与する。

  1. 博士後期課程の学生であり、自分の専門分野における深い学識を有すること。
  2. 研究者を目指す姿勢及びその能力を有すること。
  3. 博士論文を執筆し、その資質や将来性が学内外の一流の専門家による審査に合格すること。


学部・大学院