メインコンテンツへ

3つのポリシー

青山学院大学院経営学研究科経営学専攻の3つのポリシーをご紹介いたします。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

博士前期課程

博士前期課程は、大学、研究機関や産業界で、経営学、会計学、マーケティングならびに戦略経営・知的財産権の各分野の発展に寄与する潜在能力と意欲とを持つ入学者を求める。よって、以下のような能力と意欲を持つ入学者を求める。

  1. 経営学の基本知識に精通している者。
  2. 社会人にあっては経営学に関する高度研究能力をもとに実務において活躍する意思と基礎的能力のある者。
  3. 経営学研究科で修得したものを、すべての人と社会のために役立てる意欲がある者。

博士後期課程

博士後期課程は、大学や研究機関等において、経営学、会計学、マーケティングならびに戦略経営・知的財産権の各分野の高度な研究・教育に従事し、その発展に主導的役割を果たす潜在能力と意欲とを持つ入学者を求める。よって、以下のような能力と意欲を持つ入学者を求める。

  1. 経営学の専門知識に精通している者。
  2. 経営学研究科で修得したものを、すべての人と社会のために役立てる意欲がある者。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

博士前期課程

カリキュラム体系

カリキュラムの基本構造は、経営学部門、会計学部門、IMC統合マーケティング部門、戦略経営・知的財産権プログラムの4つの専門分野に分類している。このようにすることで、一つの専門分野に偏ることなく知識を習得できるようにする。

特色

講義と演習の組み合わせによる知識の修得だけではなく、論文の作成過程で研究上のアドバイスや論文作成のトレーニングをおこなうことで、分析能力や問題解決能力を向上させる。
英語のみにより修士の学位を取得できる教育プログラムとして、戦略経営・知的財産権プログラムを設けている。

博士後期課程

カリキュラム体系

カリキュラムの基本構造は、経営学部門、会計学部門、IMC統合マーケティング部門、戦略経営・知的財産権プログラムの4つの専門分野に分類している。

特色

博士学位申請論文の作成過程で研究上のアドバイスをおこなうことで、深い専門知識に精通し、独創的研究をおこなう能力を向上させる。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

博士前期課程

経営学研究科は、以下の要件を満たす学生に対し、「修士(経営学)」を授与する。

  1. 経営学、会計学、マーケティングもしくは戦略経営・知的財産権の分野において、専門知識に精通している。
  2. コミュニケーションを円滑に行い得る能力を身につけている。

博士後期課程

経営学研究科は、以下の要件を満たす学生に対し、「博士(経営学)」を授与する。

  1. 経営学、会計学、マーケティングもしくは戦略経営・知的財産権の分野において、深い専門知識に精通し、独創的研究をおこなう能力を身につけている。
  2. コミュニケーションを円滑に行い得る高い能力を身につけている。


学部・大学院