メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学大学院国際政治経済学研究科国際経済学専攻の教育研究上の目的と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

国際経済学専攻では、国際経済事象を理論的に捉え、実証的に分析し、国際経済諸問題に対する解決能力を身につけさせることを目標とする。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

国際経済学専攻は、以下のような能力・意欲等を持った入学生を求め、国内外から受け入れる。

修士課程

  1. 学術研究に主眼を置く学生。
  2. 大学院レベルでの専門知識を習得してキャリアアップを目指す社会人の学生。

博士後期課程

  1. 国際水準に見合う学術研究に不可欠な論理的思考力と数理・数量的な分析力を持ち合わせ、科学的指向性の高い学生。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

修士課程

カリキュラム体系

国際経済における様々な問題を理解し、学術研究や経済政策に繋げるべく、理論的考察と実証分析による科学的アプローチに基づいて、教育・研究指導を行う。

特色
  1. 国際経済コースを設け、経済学の基礎から応用まで学ぶことができ、同時に、統計分析の手法も初歩から学べる。本コースは3分野からなる。1つは、経済理論および実証研究のための統計分析分野。1つは、主として先進国の国際経済政策に関わる分野、最後は、開発途上国やアジアを対象とする分野である。

博士後期課程

現代の国際経済理論や事象を理解するうえで重要な個別主題を選び、指導教員、および関連分野教員の指導を受けながら、高度の専門的な研究を行う。博士学位申請論文の作成過程で研究上のアドバイスを行うことで、深い専門知識に精通し、独創的研究を行う能力を向上させる。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

修士課程

国際経済学専攻は、以下の要件を満たす学生に対し、「修士(国際経済学)」を授与する。

  1. 国際経済学の基礎理論を修得した者。
  2. 学位に相応しい視野の広がりを修得した者。
  3. モデル構築とその分析等の理論的な構成能力を修得した者。

博士後期課程

国際経済学専攻は、以下の要件を満たす学生に対し、「博士(国際経済学)」を授与する。

  1. 理論・実証面において、学術的貢献がなされている博士論文を執筆した者。


学部・大学院