TOP

THE PAGE YOU ARE VIEWING

史学科

史学科

歴史に秘められたロマンとダイナミズムにふれ、より良い未来を築く洞察力を養おう。

本学の史学科には、現在、日本史、西洋史、東洋史、考古学の4つのコースが設けられています。本史学科の特色のひとつは、はじめに史学全般、ついで歴史や考古学など様々な視野から歴史を見渡し、深く専門知識を究める、という形がとられている点にあります。

文学部史学科の学生は卒業までに、史学に関する広い知識とともに、日本、東洋、西洋の歴史、考古学など各自の興味に応じた専門性を身につけていきます。まず、1年次では各分野の概説をじっくり学習し基礎知識を身につけます。2年次になると、各自の興味・関心に従ってコースを選択し、各コースの学問分野についての研究方法の基本を学びます。また同時に、史学概論のほかに、史料や文献を読解するために必要な外国語や古文書学も修得します。3年次になると各コースの中で各自が選んだテーマに従って、ゼミを選択することになります。それぞれゼミの担当教員から丁寧な指導を受け、専門的知識を積み重ねていきます。また、3年次には演習の一環としてゼミ単位で研修旅行が行われることも、本史学科の特色のひとつです。そして4年次には学業の総決算として卒業論文を全員が執筆することになっています。卒業後に研究をさらに深めたい学生のために全コースに大学院が設けられています。

教授陣には、日本史コースでは古代、中世、近世、近代の各時代および現代社会論、西洋史コースでは時代の編成を考慮しつつ、イギリス、フランス、ドイツ、アメリカなど欧米各国の歴史、東洋史コースでは中国史だけではなく、インド・イスラム史や東南アジアについての研究、考古学コースでは日本だけでなく東洋や外国全般の考古学の専門家が揃っており、広い分野に対応できる教育環境が整っています。

青山学院大学文学部史学科が他の私立大学の史学科と異なっている特徴は、このような教授陣の多彩な顔ぶれにあります。

教育方針

本学の史学科は文学部の中に置かれています。確かにギリシャ語の“historia”は英語の“history(歴史)”と“story(物語)”の語源であり、フランス語の“histoire”はいまでも両方の意味に使われています。それだけ人間の歴史には物語性があるのでしょう。しかし、歴史学はれっきとした科学(scientia)のひとつであり、人間とその社会の背後にある真理を明らかにする学問でもあります。

歴史学が人文・社会系の中で最も実証的な学問であることはよく知られています。しかし、動かしがたい事実に基づいて、物事の是非を判断したり、自分の意見を述べたりすることは日常生活でもよく行われていることです。難解な歴史史料との“格闘”の経験はきっと、皆さんの将来の社会生活に役立つことでしょう。

人は誰でも自分の幼い頃に対して愛着と郷愁をもっています。歴史に対する愛着とロマンも本能的なものといえるでしょう。それはまた歴史研究の重要な出発点でもあります。

しかし、歴史を学ぶ目的は、ただ、過去を過去として学ぶのではなく、現代の社会をより正しく理解することにあります。我々の生きている社会は日毎に複雑さを増し、否応なしに緊密な国際関係の中に置かれています。我々には世界の歴史の動きについて偏らない知識と異文化を正しく理解し、受け入れる広い視野が求められています。

このように、過去の歴史を通じて人間とその社会についての広く、深い理解力を養うこと、それが本学の史学科の基本方針と言えるでしょう。
史学科を志す皆さんに、著名な中世史家マルク・ブロックの次のような言葉を贈ります。

―歴史学の対象はあくまでも人間たち(les hommes)である。特徴的な風景、人々が用いた道具と機械、冷淡きわまる文書と無味乾燥な制度、その背後に歴史学が把握しようとするのは血肉の通った人間たちである。