TOP

THE PAGE YOU ARE VIEWING

化学・生命科学科

化学・生命科学科

分子の構造や性質、反応を探求するとともに、生命現象の神秘を化学の視点で探究する。

「化学」とは物質の本質とその可能性を分子レベルから探求する学問です。それを基盤に、生命現象の本質を分子の性質とその相互作用に基づいて理解しようとするのが「生命科学」です。今日、この2分野が果たす役割は大きく、本学科では、環境、生命、資源、情報をキーワードに、サイエンスの発展と、これを基盤としたものづくりと新たな学際領域の開拓を目指しています。
化学・生命科学科では5つの分野を基幹とした、多彩な講義、自ら確かめる実験・実習、社会や産業との関わりを実感できる科目など、学ぶ意欲に応えるカリキュラムを用意しています。
そして、これらの領域に携わる研究者、技術者が持つべき幅広い基礎知識と考え方を修得させ、柔軟な思考力を養うことによって、多様な領域、新しい領域において実力を発揮できる人材の養成を目指します。
化粧品や有機EL照明などに応用されている最先端の工業化学から、医薬品の原料となる新しい化学物質の探索、遺伝子やタンパク質科学などの最先端バイオ技術について学びます。
将来、多様な領域で活躍する研究者・技術者がもつべき知識や技術、手法を修得し、柔軟な思考力を発揮できるよう、教員陣は、親身にサポートしていきます。

化学・生命科学科 基本情報

2017年度入学定員
115名
学生数
男子:287名 女子:177名
化学・生命科学科サイト
化学・生命科学科サイト

理工学部化学・生命科学科サイトでは、化学・生命科学科の「学科の詳細情報」「最新パンフレット」「カリキュラム」「Q&A」「学生インタビュー」「卒業生からのメッセージ」「リレーコラム」「就職情報」「新入生対象の高校数学の復習「数学リメディアル」情報」などを掲載しております。