メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学大学院法学研究科ビジネス法務専攻の教育研究上の目的と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

ビジネス法務専攻では、主に有職者を対象として、人事労務法務、知財法務、税法務、金融法務等の分野を中心としたビジネスローリテラシーを修得させるとともに、それらの各法務分野における諸問題について、法律とビジネスや理論と実務の双方の観点から研究を行わせることにより、法律学の理論をビジネスの実務に適用しうる高度な応用能力を養い、もって、主として健全かつ高度な法務の専門的能力を身に付けた専門家を育成することを目的とする。

修士課程 3つのポリシー

ディプロマポリシー(修了認定・学位授与の方針)

知識・技能

思考力・判断力・表現力

意欲・関心・態度

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

知識・技能

法学研究科の各専攻では統一的な4層構造のカリキュラム体系で編成する。この4層構造は、主に1年生を対象として、研究の基礎的技法を学ばせるコアコンテンツ、プログラムコンテンツ、イシューコンテンツ、プログラムワークコンテンツから成る。本専攻は、高度に専門的な法務実務を担うことができる人材を育成する専攻として設置する。私法・公法の各専攻とは異なり、各コンテンツには、本専攻の各プログラムに必要な法務実務系の科目および関連科目を手厚く配置する。

【特色】

ビジネス法務専攻では、高度な法実務の教育研究を行うことを目的とするため、本専攻のカリキュラムの各コンテンツには、各プログラムに必要な法実務系の科目および関連科目を手厚く配置する。

思考力・判断力・表現力

コアコンテンツにおけるビジネス法務研究のための基礎科目、プログラムコンテンツにおける関連科目の教授、プログラムワークコンテンツにおける指導教授の指導に加えて、イシューコンテンツにおける関連実務の研究などの授業を通じて、様々な指摘を受ける中で、思考力、判断力、表現力を養う。

意欲・関心・態度

本学のキリスト教の慈愛の精神を、日常生活においても、社会生活においても、研究においても、法的合理的思考の過程で反映することができるようにするために、学内で行なわれる各種教会行事には院生も参加可能とする。

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

知識・技能

思考力・判断力・表現力

意欲・関心・態度

博士後期課程 3つのポリシー

ディプロマポリシー(修了認定・学位授与の方針)

知識・技能

思考力・判断力・表現力

意欲・関心・態度

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

知識・技能

ビジネスロードクター養成プログラム、リーガルリスクマネジメントドクター養成プログラム、知財クリニックドクター養成プログラム、金融ロードクター養成プログラムに基づくプログラムを組む。いずれのドクター養成プログラムでも、各養成目的に必要なインターンシップおよび研究指導を設ける。

【特色】

各プログラムは、学年次ごとのインターンシップおよび研究指導の単位を修得することによって、段階的に博士学位授与プロセスで必要とされる学位取得要件を充足できるようにする。

思考力・判断力・表現力

博士後期課程では、博士論文の提出如何にかかわらず、毎年、自らの研究についての中間報告会における報告を課す。その報告に向けて、ビジネス法務分野における基礎概念、基礎理論、先行業績や判例理論、他国の立法例等を踏まえつつ、要となる個々の点または理論全体について、自己の論理的合理的思考を駆使して検討を加えることができるように、研究領域を中心に、国内外を問わず、多くの関連文献にあたるように努めるよう指導する。

意欲・関心・態度

先行業績および他者の理論を尊重し、十分に理解したうえで、個々の点について、自己の論理的合理的見解を、矛盾なく外部に表明できる姿勢。

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

知識・技能

思考力・判断力・表現力

意欲・関心・態度

学部・大学院