メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学大学院文学研究科日本文学・日本語専攻の教育研究上の目的と教育方針と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

日本文学・日本語専攻では、日本文学・日本語学・日本語教育学、及び中国古典文学に関する専門の学術研究の方法を身につけさせ、国際的・学際的な視野に立った精深な学識と専門的研究能力を養うとともに、キリスト教の信仰に基づいて、優れた人格、堅実な社会人たる人材の育成を目指し、その結果として、各分野の専門家として自立し、種々の教育・研究機関に従事するなど、広く文化の進展に寄与し得る人物の養成を目的とする。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

日本文学・日本語専攻は、高い問題意識と旺盛な探究心をもって、日本文学・日本語学・日本語教育学、および中国古典文学(漢文学)の研究に取り組み、それを通じて広い視野を身につけ、文化の進展に積極的に寄与しようとする熱意を持った入学生を求める。なお、本専攻博士前期課程は、多様で個性ある学生からなる活力ある教育・研究組織であるべく、外国人留学生や社会人にも門戸を開いている。

入学者には、以下のような知識や能力などを求める。

  1. 大学の学士課程、およびこれと同等の教育課程に誠実に取り組み、日本語・日本文学、および中国古典文学の基本的知識を総合的体系的に習得している。
  2. 日本文学・日本語学・日本語教育学、および中国古典文学(漢文学)の基本的研究方法を身につけている。または身につけようとする強い意欲を持っている。
  3. 日本文学・日本語学・日本語教育学、および中国古典文学(漢文学)の専門的テーマに関する授業を理解し、情報収集・読解・分析・発表・討論などを行うために必要な高い日本語能力を有している。
  4. 一つの外国語について、論理的文章を読解できる基本的語学力を有している。
  5. 自分自身の研究テーマを自覚し、それを研究史の中で明確に位置づけることができる。
  6. 自分自身の研究テーマを、幅広い知識を得ながら自分自身の力で探究し、その成果を文章に表現することができる。
  7. 多様な文化に対して開かれた心と探究心を持ち、異なる文化的背景や生活体験を持つ人々を理解し、それらの人々と協働して社会や文化の進展に貢献できる。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

博士前期課程

カリキュラム体系

日本文学・日本語専攻博士前期課程では、精深な学識と専門的研究能力を育成するとともに、広い学際的・国際的視野を養うことを方針に、カリキュラムを組み立てている。標準修業年限2年の間に、日本語・日本文学に関わる全ての領域に亙る授業科目から、講義・演習を含めて合計30単位以上を修得する。30単位のうち10単位までは、他専攻・他研究科、および協定を結んだ他大学大学院の単位を修得できる。単位の修得と併せて、「研究指導演習」6科目12単位を3年間で修得することにより必要な研究指導を受け、中間報告会で研究発表を行い、一般入学試験による入学者は修士学位申請論文、社会人入学試験による入学者は特定の課題についての研究の成果を提出し、その審査と最終試験(口述試験)、および(修士学位申請論文提出者は)1外国語の認定試験を受ける。

特色

本専攻博士前期課程では、日本語・日本文学に関わる全ての領域に亙る授業科目を配置し、学生の多様な研究テーマに対応している。そして、それぞれの専門分野における最先端の研究を踏まえた、徹底した少人数教育によるきめ細かな指導を行い、堅実な研究能力を養成している。同時に、学生が自分の専門分野以外も学び、柔軟な発想力を身につけ学際的研究を進めることができるように、リベラルで柔軟な集団指導体制を組んでいる。また、国際シンポジウムや招聘講演などの開催によって、海外の研究者による最新の研究成果に接する機会を設けている。

博士後期課程

カリキュラム体系

日本文学・日本語専攻博士後期課程では、学際的・国際的な広い視野に立って、独創的で堅実な研究を行う自立した研究者を養成することを方針として、カリキュラムを組み立てている。標準修業年限3年の間に、研究指導教員の指導のもとに研究テーマを選び、「研究指導演習」6科目12単位を3年間で修得することにより必要な指導を受けながらこれを深め、その成果を博士学位申請論文にまとめ、その審査と最終試験(口述試験)、および1外国語についての認定試験を受ける。

特色

本専攻博士後期課程では、日本語・日本文学の全ての領域に亙る研究指導教員を擁し、学生の多様で独創的な研究指導に当たっている。丁寧な研究指導を行い、学生が専門家として自立できる精深な学識と高度な研究能力を養成している。また博士学位申請論文提出に当たっては、全国的な公的学会の機関誌や学術雑誌に審査を受けて発表された論文を有することを要件としており、学外の公的組織での研究活動や論文投稿を積極的に推奨している。なお、海外の大学との学術協定も結ばれており、環境が整い次第、学生が海外の研究者のアドヴァイスを受けながら研究を進めることも可能になるであろう。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

博士前期課程

日本文学・日本語専攻は、標準2年以上在学し、修了に必要な単位数(合計30単位以上)を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上で、修士学位申請論文(一般入学試験による入学生)、または特定の課題についての研究成果(社会人入学試験による入学生)を提出し、その審査と最終試験(口述試験)、および(修士学位申請論文提出者は)1外国語の認定試験に合格し、本専攻博士前期課程の教育目標に到達した、以下の要件を満たす学生に対して、「修士(文学)」を授与する。

  1. 日本語・日本文学、および中国古典文学(漢文学)に関する精深な学識を修め、国際的・学際的な幅広い視野に立って、日本の言語・文学・文化を見渡すことのできる能力を身につけている。
  2. 日本文学・日本語学・日本語教育学、および中国古典文学(漢文学)の高度な研究方法を修得し、日本語資料・日本文学・中国古典文学(漢文学)を理論的に読解し、体系的に論じる能力、あるいは日本語教育の指導内容・方法・教材について学問的に構想できる能力を身につけている。
  3. 自分自身で研究テーマを見出し、その地道で堅実な探究によって得た知見を、他者に客観的に、説得力をもって伝えることのできる高度な論理構成力と文章表現力を身につけている。
  4. 修了後の社会生活において、本専攻博士前期課程で培われた高い情報リテラシー、分析力、自己管理力、忍耐力、論理的思考力、問題発見力・解決力を発揮することができる。
  5. 専門的な学識と研究能力を身につけた者としての強い自覚と責任感を持って、現代社会の様々な問題に向き合い、人間文化の進展に積極的に貢献できる。

博士後期課程

日本文学・日本語専攻は、標準3年以上在学し、修了に必要な研究指導演習科目12単位を修得した上で、博士学位申請論文を提出し、その審査と最終試験(口述試験)、および1外国語の認定試験に合格し、本専攻博士後期課程の教育目標に到達した、以下の要件を満たす学生に対して、「博士(文学)」を授与する。

  1. 幅広く深い学識と、専門分野において培われてきた研究方法を確かな基盤として、自分自身で新たな研究課題を発見し、未知の研究領域を開拓してゆくことのできる高度な研究能力を身につけている。
  2. 独創的な着想と方法を通じて得た知見を、アカデミックなスタイルによって、説得力をもって、専門分野および関連分野の研究者に伝えることができる堅固な論理構成力と自在な文章表現力を身につけている。
  3. 日本文学・日本語学・日本語教育学、もしくは中国古典文学(漢文学)の自立した専門家としての強い社会的自覚をもってその専門分野に寄与し、さらにそれを通じて社会的責任を果たし、人間文化の進展に率先して貢献できる。


学部・大学院