メインコンテンツへ

フィットネスセンター

フィットネスセンター概要

現在、社会問題にもなっている生活習慣病は不規則な食生活や運動不足により引き起こる病気であることは周知の事実です。そして、間違ったダイエットによる過食症や拒食症も現代の若者の間で問題になっています。
フィットネスセンターではこうした問題に対して、在学中に生活習慣病やダイエットに対する正しい知識を身につけてもらいながら、カラダを動かすことの楽しさや必要性を覚えていただくことを理念としています。
そのために正しい食事の取り方や運動の継続することの重要性、正しいトレーニング方法、カラダの仕組みなど社会人になっても健康的で充実した生活を送っていただくための運動やフィットネス、栄養をトータルで教育・啓蒙しています。
また、難しいことを考えず楽しくカラダを動かしていただくイベントやプログラムを満載しています。まずは気持ちいい汗をかきにいらしてください。

開設時間

キャンパス 月曜~金曜 土曜 日曜
青山 12:30~21:00 11:00~18:00 12:00~17:00
(祝祭日は休館)
相模原 11:00~21:00 10:30~18:00 休館

利用方法(申し込み手続き等)

申し込みの条件

フィットネスセンターを利用するには以下の条件を満たすことが必要となります。

  1. 年度毎の健康診断を受診した方
  2. 規則に従い安全に施設利用ができる方
  3. オリエンテーションを受講した方

利用手順

1. 利用登録オリエンテーション

所要時間 約70分
内容
  1. フィットネスセンターの使用上の注意
  2. トレーニングの基礎知識
  3. 生活習慣病について
  4. マシンの使い方

2. 持参品

センター内の紹介

フィットネスセンターは、一般学生・教職員用のフィットネスルームと、指定された体育会のみ使用できるアスリートルームで構成されています。

アスリートルーム

アスリートルームは高いレベルのトレーニングを必要とする体育会学生専用のスペースです。
フリーウェイトを中心としたトレーニング器機が充実しています。また、選手の怪我からの復帰をサポートするためのリハビリ用の器具なども充実しています。

青山キャンパス

プライオメトリックストレーニングの写真

スクワットラックとプラットホーム

トレーニングの様子の写真

ベンチプレス

相模原キャンパス

アスリートルームの写真

トレーニングの様子

スクワットラックの写真

トレーニング機器

フィットネスルーム

フィットネスルームは、一般学生・体育会学生・教職員問わずセンターに登録した全ての人の利用が可能です。このエリアは有酸素マシン、ウェイトマシン、フリーウェイトゾーン、フリースペースがあります。有酸素マシンは脂肪燃焼効果や心肺機能向上に効果があり、メタボリックシンドロームの予防にも大変効果的です。
ランニングマシン、自転車をこぐ動作をするエアロバイク、階段を昇る動作を再現したステッパーなどがあります。ウェイトマシンは筋力向上・シェイプアップに効果的で、姿勢をよくしたり、疲れにくくなる効果もあります。初心者の方からアスリートレベルまで対応できるマシンをそろえています。フリーウェイトゾーンにはベンチプレスやスクワット、ダンベルなどトレーニング中級レベルの方でも満足できる器機が充実しています。
またフリースペースを利用して、ストレッチ、エアロビクスやYOGAなどのショートプログラムを行っています。

フィットネスルームの写真

青山キャンパス フィットネスルーム

ウエイトマシンの写真

相模原キャンパス フィットネスルーム

ランニングの写真

ランニングマシン

グループレッスンの様子

グループレッスン

生活習慣病について

生活習慣病とは・・・日ごろの食生活、運動習慣、睡眠不足、ストレスの蓄積などの日ごろの習慣や、加齢や遺伝などによって引き起こされる病気の総称をさします。

生活習慣病のメカニズム

悪い生活習慣、生活習慣病になりえる要因

〔塩分の取りすぎ〕・〔脂肪分のとりすぎ〕・〔過食〕・〔早食い〕・〔不規則な食事時間〕・〔ストレス〕・〔せっかち、イライラしやすい〕・〔睡眠不足〕・〔休養不足〕・〔運動不足〕・〔喫煙〕・〔多量の飲酒〕・〔血縁に肥満、脳卒中、心臓病などを患った人がいるなど〕

悪習慣を長期間にわたって続けると・・・

病気との境界領域・要観察期

〔肥満〕・〔高血圧〕・〔高脂血〕・〔高血糖〕

症状を放置したまま悪習慣を続け、徐々に慢性的な疾患になる

生活習慣病を発症

〔肥満症〕・〔高血圧症〕・〔高脂血症〕・〔糖尿病〕・〔肝臓病〕・〔腎臓病〕

生活習慣病の多くは、本人にあまり自覚症状がないまま進行

生活習慣病が重なり生命の危機に脅かされる

〔動脈硬化〕・〔脳梗塞、脳出血〕・〔心筋梗塞、狭心症〕・〔糖尿病の合併症(失明、網膜症など)〕・〔肝炎、肝硬変、肝機能障害〕・〔腎炎、腎臓結石、腎機能障害〕・〔ガン〕・〔骨折〕など

出典:『2002生活習慣病のしおり』 生活習慣病予防研究会

生活習慣病の予防

生活習慣病は規則的な日常生活を送ることによって予防できます。特に以下のことを守って生活しましょう。

生活習慣病予防のための運動

準備中

FAQ大学案内についてよくあるご質問を掲載しております。

大学案内