TOP

THE PAGE YOU ARE VIEWING

フィットネスセンター

フィットネスセンター概要

運動は、学生生活を有意義なものにするばかりか、延いては人生をより豊かにするための基礎をつくる最も重要な要素です。
そのため、学生時代に健康や身体について学び、実践する場を設けることは、最高学府であり最後の教育機関である大学の使命であると考え、フィットネスセンターでは、創造力豊かな健康的でヘルスリテラシーの高い学生を育成する事を目的に、「health」「re-creation」「physical education」を3つの柱として運営しています。

所在地: 相模原キャンパスH棟2階 青山キャンパス 青山学院記念館(大学体育館)

開設時間

キャンパス 月曜~金曜 土曜 日曜
青山 12:30~21:00 11:00~18:00 12:00~17:00
(祝祭日は休館)
相模原 11:30~20:00 12:30~17:00 休館

 

NOTE
  • ※ 授業が休講等で使用しない場合は利用可能です。
    ※ 最終チェックイン時刻は終了時刻の30分前です。最終チェックアウトは終了時刻となりますので、時間までに着替えてキーを返却してください。
    ※ 体育の授業でフィットネスルームを利用する時間帯があります。その時間は使用することができませんのでご了承ください。
    ※ 長期休暇(夏季・年末年始・春季)中は短縮時間で開設します。
    ※ 大学のスケジュール等により、休館や時間帯が変更になる場合があります。

利用方法(申し込み手続き等)

申し込みの条件

フィットネスセンターを利用するには以下の条件を満たすことが必要となります。

  • 01.年度毎の健康診断を受診した方
  • 02.規則に従い安全に施設利用ができる方
  • 03.オリエンテーションを受講した方
利用手順
1. 利用登録オリエンテーション
所要時間約70分
内容(1) フィットネスセンターの使用上の注意
(2) トレーニングの基礎知識
(3) 生活習慣病について
(4) マシンの使い方
2. 持参品
  • 一般学生・教職員:3000円のフィットネスセンター用登録証紙、体育会学生:2000円のフィットネスセンター用登録証紙
    (B棟、17号館2階で購入できます)
  • 運動着
  • 室内シューズ
  • タオル

センター内の紹介

フィットネスセンターは、フィットネスルームと、アスリートルームで構成されています。

フィットネスルーム

フィットネスルームは登録した全ての方が利用いただけます。
機器はランニングマシン、エアロバイク、ステッパー、ウェイトマシン、フリーウェイトなどがあり、初心者の方からアスリートまで幅広く対応できるマシンが揃っています。
また、フリースペースやスタジオを利用して、ストレッチ、ボクササイズ、筋肉プログラムなどのグループレッスンも行っています。

青山キャンパス
相模原キャンパス
アスリートルーム

アスリートルームは強化部がトレーニングを行えるための施設です。
競技に応じたトレーニングが行えるようにパワーラックやオリンピックベンチ、プラットホームなどフリーウェイトが充実した環境となっています。

生活習慣病について

生活習慣病とは・・・日ごろの食生活、運動習慣、睡眠不足、ストレスの蓄積などの日ごろの習慣や、加齢や遺伝などによって引き起こされる病気の総称をさします。

生活習慣病のメカニズム
悪い生活習慣、生活習慣病になりえる要因
〔塩分の取りすぎ〕・〔脂肪分のとりすぎ〕・〔過食〕・〔早食い〕・〔不規則な食事時間〕・〔ストレス〕・〔せっかち、イライラしやすい〕・〔睡眠不足〕・〔休養不足〕・〔運動不足〕・〔喫煙〕・〔多量の飲酒〕・〔血縁に肥満、脳卒中、心臓病などを患った人がいるなど〕
悪習慣を長期間にわたって続けると・・・
病気との境界領域・要観察期
〔肥満〕・〔高血圧〕・〔高脂血〕・〔高血糖〕
症状を放置したまま悪習慣を続け、徐々に慢性的な疾患になる
生活習慣病を発症
〔肥満症〕・〔高血圧症〕・〔高脂血症〕・〔糖尿病〕・〔肝臓病〕・〔腎臓病〕
生活習慣病の多くは、本人にあまり自覚症状がないまま進行
生活習慣病が重なり生命の危機に脅かされる
〔動脈硬化〕・〔脳梗塞、脳出血〕・〔心筋梗塞、狭心症〕・〔糖尿病の合併症(失明、網膜症など)〕・〔肝炎、肝硬変、肝機能障害〕・〔腎炎、腎臓結石、腎機能障害〕・〔ガン〕・〔骨折〕など

 

NOTE
  • 出典:『2002生活習慣病のしおり』 生活習慣病予防研究会
生活習慣病の予防

生活習慣病は規則的な日常生活を送ることによって予防できます。特に以下のことを守って生活しましょう。

  • 毎日朝食をとる
  • 1日平均7~8時間の睡眠を心がける
  • 栄養バランスを考えた食事を取る
  • タバコはすわない
  • 定期的な運動を行う
  • 飲酒は適量
  • 労働時間は1日9時間以内にとどめる
  • ストレスを溜め込まない
生活習慣病予防のための運動

準備中