メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学文学部比較芸術学科の教育研究上の目的と教育方針と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

比較芸術学科では、美術、音楽、演劇映像という芸術系3領域の専門的及び学際的比較研究や鑑賞教育等を通じて、芸術がもつ本来の意義や歴史・思想に関する専門的知識を習得し、その人文科学的「知」の一翼をになう芸術学的教養や国際的な視野の確立により、福祉・環境・情報など現代社会がもつさまざまな課題に貢献できる人材を養成する。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

比較芸術学科は、以下のような能力・意欲等を持った入学生を求める。

  1. 真価をともなった古典的芸術についての謙虚な学びを通じて、社会に貢献する意欲を持った学生。
  2. 芸術を学ぶことを通して人間力の回復と獲得を願う学生。
  3. 美術、音楽、演劇映像を総合的に理解し、想像力ゆたかな感性を養いたいと願う学生。
  4. 西洋、および日本・東洋の芸術全般に知的な好奇心を抱き、かつこれらを追求するのに必要な知性と感性を備えた学生。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

比較芸術学科の教育課程は、青山スタンダード科目、外国語科目、学科科目、自由選択科目で構成される。特に学科の専門教育科目に関するカリキュラム体系と特色は次の通りである。

カリキュラム体系

本学科では履修科目を「必修科目」「選択必修科目」「選択科目」の3つに分類し、前者によって美術・音楽・演劇映像について領域を横断して学び、基礎的かつ歴史的な専門知識を修得し、後2者によって各自の得意とする芸術の諸領域をさらに深く追究できるよう、カリキュラムを構成している。また、学科の専門科目と有機的な関連を有する文学部共通科目を適切に配置している。

特色

必修科目は、「比較芸術学入門A・B」を導入とする多彩な授業配置によって、美術・音楽・演劇映像の芸術3領域の研究を総合的に進められるよう配慮している。専門選択科目では、美術、音楽、演劇映像の3領域にわたり、「基礎演習」「原書講読」「芸術鑑賞の方法」および「比較芸術学特講」「比較芸術学演習」などの授業を通じて、専門的な知見を一層深化させることが可能となっている。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

比較芸術学科は、以下の要件を満たす学生に対し、「学士(比較芸術学)」を授与する。

  1. 美術・音楽・演劇映像についての専門的知識を身につけていること。
  2. 美術・音楽・演劇映像の3領域を研究し、芸術文化の各方面に広い視野を獲得していること。
  3. これらの知識と能力を社会的に活用する力を獲得していること。
  4. FAQ学部についてよくあるご質問を掲載しております。



学部・大学院